9/7(木)に「防災講習会」を開催しました!

 

 

 

 

近年全国的に大規模な地震が発生し、県内においても震度5以上の地震発生の危険性が危惧さています。

今回の講習会は、防災について初めて聞く人でも分かりやすい内容とし、「沖縄県において想定される地震被害」「地震災害に向け今後地域、自治会は何をすべきか」について把握・分析することを目的に開催しました。

 

日時・場所・参加者

 

日時:平成29年9月7日(木)16時~18時

場所:上大謝名自治会

主催:宜野湾市自治会長会

参加:40名

自治会長、書記、民生委員、宜野湾・中城地区宅地建物取引業者会、社会福祉協議会

宜野湾市(市民防災室、宜野湾消防、市民生活課)

内容

①宜野湾での震災の可能性(沖縄県防災計画)

②全国の大規模災害の実態(阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震)

③災害時のニーズと「共助」

④自主防災組織ができること・やるべきこと

⑤災害時、自主防災組織は機能したのか

⑥自主防災組織の活動を現実に合ったものにするためには

 

会場の様子

 

*講師:稲垣 暁

災害ソーシャルワーカー、社会福祉士、防災士、沖国大非常勤講師

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*自治会長会会長(真栄原区自治会長)

 

 

*宜野湾消防

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*宜野湾市市民防災室

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*宜野湾市市民生活課

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*宜野湾市社会福祉協議会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*宜野湾・中城地区宅地建物取引業者会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*OTVも取材に来て頂きました(9/9にニュース放映)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自治会からみなさまへ

 

 

 

 

宜野湾市自治会長会では、今年度より県内でも多くの講習会を開催している稲垣氏(防災士)と連携し、防災活動の強化を図っています。

今回の講習会は、災害前の事前対策として「地域、自治会が何をすべきか」について把握・分析することを目的としています。

阪神淡路大震災では亡くなった方の9割は圧迫死で、圧迫死をもたらした倒壊物のうち4割が「家具・電化製品」であるため、家具の転倒防止に向けた対策がいかに必要性かについても本日の講習会で学ぶことができました。

各家庭における家具・電化製品の転倒防止の必要性など、今後区民への防災に関する情報提供なども自治会の重要な役割であると感じています。

今後とも自治会への加入、活動へのご協力のほどよろしくお願いします。

 

※自治会の所在地、連絡先および年間行事表については、「宜野湾市 自治会」でネット検索下さい。

 

○市民生活課 893-4411(内線492)

 

更新日:平成29年9月27日