8/5に長田区自治会で琉球大学学生さんと「一日避難体験活動」を実施しました!

 

 

日時:平成29年8月5日(土)9:00~15:30

場所:長田区自治会

目的:避難体験活動を通して、避難所での問題を認識し、災害時の暮らしに対する意識を高める。

内容:①避難所での間仕切りづくり ②避難食づくり ③新聞紙スリッパづくり

④洗濯体験 ⑤おむつづくり

参加:地域住民20名、琉球大学7名

主催:琉球大学 教育学部 生活科学教育専修、 共催:長田区自治会、長田区地域づくり会議

 

〇当日の様子

①避難所での間仕切りづくり

段ボールを用いて間仕切り、寝床をグループごとに作りました。

 

 

②避難食(カレーライス)づくり

災害時には、まな板やフライパンなどを使えないことも想定されます。

本日は、耐熱性のビニール袋や牛乳パックを活用し、カレーライスをつくりました。

 

*牛乳パックの上で玉ねぎ、にんじん、じゃがいもを切る。

 

*切った食材、カレーのルーをビニール袋に入れます。

 

*20分ゆでて出来上がり。

 

食材をビニールで小分けすることで、20分ゆでるだけで調理が可能となります。

お米も同様にビニールで小分けし、ゆでて出来上がりました。

 

③新聞紙スリッパづくり

 

〇長田区自治会から皆さまへ

 

 

長田区自治会では、子ども会、青年会、婦人会、老人会、各種サークルなど、様々な活動をしています。

地域づくりは楽しいことを知って頂ければ幸いです。

 

〇問い合わせ先

長田区自治会 892-3321

 

更新日:平成29年8月15日