「大山区大綱引き」の開催のお知らせ

 

 

日時:平成29年7月30日(日)17時~

場所:大山小学校グランド

 

 

大山区大綱引きの概要

太平洋戦争でしばらく途絶えていた大山の綱引きは、1965年(昭和40年)から綱引きを復活させている。

現在は毎年、旧暦の6月15日の6月ウマチー(稲の収穫祭)頃に開催されており、元来稲作農耕を中心として栄えた大山の豊作祈願としての慣習を継承している『無形の民族文化財』である。

 

 

大山大綱引きの特徴

全長35メートルの2本綱(雄・雌)を結んで引き合う大山の綱引きの最大の特徴は、綱引き前に行われる『アギエー(揚げあい)』という、両綱を空中でぶつけ合う独特の勝負にある。

このダイナミックの勝負は、県内でも大山と隣区の真志喜にしか見られない。

 

 

全長35メートルの2本綱を(雄綱・雌綱)を結んで引き合います。

当日はどなたでも参加できますので、多くのご来場をお待ちしています。

大山区自治会 又吉 亮会長  

 

〇当日までの準備

 

 

 

 

〇過去の写真

 

 

 

 

 

 

 

【問い合わせ】

大山区自治会 897-3303

 

平成29年7月27日更新