男女共同参画とは

男女共同参画社会とは?


“男女共同参画社会”とは、女性と男性が、互いに人権を尊重しつつ、喜びも責任も分かち合い、性別にかかわりなく、その個性と能力を十分に発揮することができる社会です。


なぜ、いま男女共同参画社会の実現が必要なの?


私たちの国の憲法には個人尊重、法の下の平等がうたわれており、男女平等の実現に向け、いろいろな施策が取り組まれてきました。しかし、大事な意思決定の場に女性が少なかったり、男女間の不平等を感じたりすることもまだまだ多いようです。
また、少子高齢化など私たちの生活をめぐる状況が変化していく中で、男女が、「男は仕事、女は家庭」といったような性別による固定的な役割分担にとらわれずに、職場で、学校で、地域で、家庭で、それぞれの個性と能力を発揮できるような社会づくりが必要となっています。
平成11年6月23日、国は男女共同参画社会の実現を目指し、『男女共同参画社会基本法』を制定しました。


そのような社会にするための男女共同参画社会基本法とは?


平成11年6月に公布・施行された男女共同参画社会基本法は、男女共同参画社会の形成に関する基本理念とこれに基づく基本的な施策の枠組みを国民的合意の下に定めることにより、社会のあらゆる分野において、国、地方共団体及び国民の取り組みが総合的に推進されることを目的としています。
また、この法律は男女の人権が尊重され、豊かで活力ある社会を実現し、女性も男性も自らの個性を発揮しながら生き生きとした充実した生活を送ることができることを目指すものであり、21世紀の我が国社会を決定する大きな鍵であるといえます。

男女共同参画社会基本法の5つの理念


  ①男女の人権の尊重
  ②社会における制度又は慣行についての配慮
  ③政策等の立案及び決定への共同参画
  ④家庭生活における活動と他の活動の両立
  ⑤国際的協調

男女共同参画社会のキーワードは「ジェンダーイコール」です!!


男女共同参画社会基本法は英語に訳するとBasic Gender Equal Society
となります。つまり、男女平等(ジェンダー・イコール gender equal)な社会をつくるための基本的な法律ということです。

国では“男女共同参画社会の実現”は、21世紀の我が国の最重要課題の一つと位置付け、様々な取組みをおこなっています!


 お問い合わせ

【組織名】 企画部 市民協働推進課
【連絡先】 098-893-4411(代表)
・ 平和・男女共同係   (内線 402・421)
【窓 口】 市民協働推進課:新館2階 庁舎内マップ

更新日:平成26年1月10日