平成22年度 厦門滞在記 ~その③~

 

  厦門滞在記(仲松 愛華)~その3~

 

  宜野湾市のみなさん、好久不見了(ハオジョウブジエンル)お久しぶりです。



ここ、厦門は最近、梅雨の影響で雨の日が続いています。私は現在、バレーボール部に所属していて、今は、試合期間なのですが、雨のせいで試合が延期になってなかなか進みません。バレーボールは室内のスポーツですが、厦門理工学院は外にコートがあるので、雨が降ったり、天気の悪い日はバレーボールが出来なくなるので、少し大変です。

私は、外国語学部のバレーボールチームに入っているのですが、そこで友達もたくさんできて、違う学部の人にも声をかけられたりして、今、とっても楽しいです。最初の頃は、言葉が通じなくて、困ったこともありましたが、今はみんなでバレーをして、バレーが終わったらみんなでご飯を食べたり、おしゃべりをしたりして、本当に楽しいです。これからは、みんなとたくさん交流してもっともっと仲良くなりたいと思います。


  さて、今回は、福州にプチ旅行に行った時のことをお話したいと思います。


私は、労働節(5月の連休)を利用して、厦門の隣の福州に行ってきました。労働節は4月30日~5月2日までの3日間ありましたが、福州は、厦門から近いので、4月30日の1日だけ、日帰りで行ってきました。厦門から福州までは、新幹線に乗って1時間ぐらいで着きました。福州は、北京や上海の次にパンダで有名な所と聞いていたので、まず初めに、パンダの動物園(熊猫世界)に行きました。動物園には、パンダ(大熊猫)が4匹いました。福州にいるパンダは、年を取ったパンダばかりで、竹を食べるか、寝ているかで、あまり動いていませんでしたが、初めて、生で見られたので本当に良かったです。私は、パンダはとても大きい動物だと思っていましたが、実際に生で見てみると、思っていたよりも小さかったので、少しビックリしました。また、パンダは、竹しか食べないというイメージがありますが、ガイドさんから肉も食べるということを聞いて、とても驚きました。動物園には、パンダの他にも、レッサーパンダ(小熊猫)やマレーグマ(馬来熊)がいました。


レッサーパンダもマレーグマもおとなしい性格で、とても癒されました。私たちは、動物園後に、西禅寺に行きました。西禅寺はとても大きな建物で、建物の中には、いろんな種類の仏像がありました。たくさんの仏像を見ながら、どんどん上に登っていくと景色が見渡せるようになっていて、そこからみる景色は本当にきれいでした。最後に私たちは、福州の名物(魚丸)を食べました。魚丸というのは、魚の肉でできた肉団子のようなもので、一口かじると肉汁があふれ出てきてとてもおいしかったです。今回の福州の旅は、パンダも見ることができて、チケットを買う時やレストランで料理を注文するときに中国語を話す機会があって、とても勉強になったので、本当にいい旅だったと思います。それでは、再見!

 

チームメイト   福州のパンダ
チームメイト   福州のパンダ




戻 る

 お問い合わせ

【組織名】 企画部 市民協働推進課
【連絡先】 098-893-4411 (代表)
 ・市民協働係(内線403/422)
 ・平和・男女共同係(内線402/421/423)
 ・人材育成交流センターめぶき(TEL 098-896-1215)
【窓口】 市民協働推進課:新館2階 庁舎内マップ

更新日:平成24年4月10日