平成22年度 厦門滞在記 ~その④~

 

  厦門滞在記(仲松 愛華)~その4~

 

  宜野湾市のみなさん、こんにちは!


  厦門もすっかり夏になり、毎日蒸し暑い日が続いています。厦門の夏は、沖縄よりとても暑いので、クーラー無しでは生きていけません。(笑) 私が初めて厦門に来た時も、今と同じぐらい暑かったのですが、みんな全然汗をかかず、私一人だけ汗をかいていたので、とても恥ずかしかったのを覚えています。また、中国の人はどんなに暑いときでも、冷たい飲み物ではなく、熱いお茶や冷えていない飲み物を好んで飲んでいたので、とても驚きました。

  私が厦門に来たばかりの頃は日本とは違いすぎてすぐには慣れませんでした。しかし、だんだん友達も増えて、バスに乗っていろんなところに遊びに行ったりしている内に徐々に慣れていきました。中国語の勉強は私が思っていたよりも大変でした。読み書きや聞き取りは大体できるようになりましたが、中国語の発音は、とても難しいので、会話は簡単な会話しか出来ません。だから、もっともっと頑張らないといけないなと思っています。


  私は、厦門に来てすぐにバレーボール部に入りました。最初の頃は、言葉が全然通じなくて、すぐにはなじめませんでしたが、だんだん、みんなが声をかけてくれて、少しずつなじんでいきました。たとえ言葉が通じなくても、同じスポーツをして、一緒に汗をかき一緒に笑えるので、スポーツに国境はないんだと思いました。日本では、スポーツをするときはちゃんと運動する格好をしますが、こちらでは、私服でやっている人もいるので、なんて自由な国なんだとビックリしました。私は、試合の時が一番好きです。試合になると、普段は週に一回しかない練習も毎日あって、みんなで午後から日が暮れてボールが見えなくなるまで練習した後、食堂でご飯を食べて、また運動場で練習再開します。疲れているはずなのに、試合の後も楽しそうに練習していました。部員のみんなはとても優しくてホントにいい人たちです。私はその中でも、外国語学部のみんなが大好きで、仲間のような家族のような存在です。私はその一員になれて本当にうれしいです。みんなと仲良くなれたのは、試合の時からなので、もう少し早く私が積極的に行動していたら、もっともっと仲良くなっていたのではないかと思います。でも、今が一番楽しいので、それでもいいかなと思います。


  私は厦門理工学院に留学することができて本当に良かったと思います。この厦門市と宜野湾市の交流派遣留学は、本当に良いことなので、これからもずっと続けてほしいです。そして、たくさんの人に中国を知ってもらいたいです。私の留学生活も残りわずかです。悔いの残らないようにエンジョイしたいです!!


  それでは、再見(サイジェン)!

 

東方明珠塔   仲良しメンバーと☆
東方明珠塔
(上海のテレビ塔)

 

  仲良しメンバーと☆
(写真 左端)

 

戻 る

 お問い合わせ

【組織名】 企画部 市民協働推進課
【連絡先】 098-893-4411 (代表)
 ・市民協働係(内線403/422)
 ・平和・男女共同係(内線402/421/423)
 ・人材育成交流センターめぶき(TEL 098-896-1215)
【窓口】 市民協働推進課:新館2階 庁舎内マップ

更新日:平成24年4月10日