平成23年度 厦門滞在記 ~その③~

 

厦門滞在記(高江洲 麻利子)~その3~


  大家好!みなさんこんにちは!蒸し暑くなり、夏が来た中国アモイから3度目のレポートを書かせていただきます!

  アモイは4月から梅雨に入り、5月の現在でもよく雨が降っています。

3月に振り返りますが、初めて中国の結婚式に参加してきました!私の友人の従兄の結婚式で、友人がいい機会だと誘ってくれました。日本と大きな違いがあり、結婚式の当日は新郎新婦の家族・親戚は顔を合わせることがありません。お昼に新婦側の家で、夜は新郎側の家でと、それぞれ分けて行います。(地方によって違いがあるかもしれません。)私は新郎側の家だったので、お昼は新郎新婦のいない宴会、夕方から二人が到着し、婚礼と宴会をしました。参加者も日本のようにスーツ、ドレスや着物を着る必要はなく、普段着で参加します。中国らしく爆竹をたくさん鳴らしたり、花火をあげたりと本当に賑やかでした。また最近では、結婚記念として2人の写真集を作るのが一般的なようで、私も見せてもらいましたが、様々な景色とおめかしした2人の写真でいっぱいのとても分厚いものでした!様式は違っても、やはり新郎新婦が両親の前で涙する姿は、同じように感動的な場面でした。いくつも発見があった結婚式、とてもいい経験になりました!

  つい先頃の5月の1週目に、中国でも日本のGWのように連休がありました!この連休を利用して、ロシアからの留学生の友達と香港へ旅行しました。香港は、同じ中国でも(特別行政区ですが)こんなにも違うのかと感じるほど、また1つ中国の別の顔を見ることのできたいい機会でした。まず、香港の人々は日本人と同じようにバスに乗るときなどに列を作ります。中国では、バスに乗る際は、みな誰よりも先に乗ろうと押し合いへし合いしながら乗ります。私も、すでに中国へ来て8カ月が経ち、もう慣れましたが、香港で列を作って安全に乗車していく光景を見て、やはりこうあるべきだと思いました。また香港では、沢山の外国人がいて、イギリスの植民地だったこともあり異国情あふれる場所でした。

  様々な場を訪れるたびに、本当に中国の大きさを感じます。日が経つごとに中国のことをどんどん好きになります。きっと1年では短く、すべてを知ることはできないと思いますが、残りのとても貴重な時間を存分に楽しみ、たくさんのことを発見し、学び、吸収します!


  次回で最後のレポートになります。それでは、再見!

 

婚礼の様子   香港にて、パンダと一緒に
婚礼の様子   香港にて、パンダと一緒に




戻 る

 お問い合わせ

【組織名】 企画部 市民協働推進課
【連絡先】 098-893-4411 (代表)
 ・市民協働係(内線403/422)
 ・平和・男女共同係(内線402/421/423)
 ・人材育成交流センターめぶき(TEL 098-896-1215)
【窓口】 市民協働推進課:新館2階 庁舎内マップ

更新日:平成24年6月14日