友好都市:中国厦門市より
ニイハオ!!\(^0^)/


のページでは宜野湾市海外留学生派遣事業により、海外友好姉妹都市である中国福建省厦門市の厦門理工学院へ1年間の留学生活を行っている留学生の留学滞在記を掲載しております。


平成18年度市海外留学生

氏 名:池宮城 香

留学先:中国厦門市立厦門理工学院

留学期間:H18,9~H19,8      


画像

画像

厦門滞在記(池宮城 香)~その壱~

 
宜野湾市のみなさん、初めまして。私は宜野湾市と交流の深い中国福建省厦門市へ派遣され、厦門理工学院で中国語を学んでいる池宮城香といいます。厦門市には来年の8月まで滞在する予定ですので、その間に中国での様子などをお伝えしていきたいと思います。

 地図を広げてみると、厦門は台湾のちょうど左側に位置し、沖縄から近いこともあり気候も大変よく似ています。古くから貿易港として栄えていましたが、最近では経済特区としてめざましい発展を遂げており、たくさんの高層ビルが立ち並ぶ近代的な都市です。

 その一方で、古い町並みも大切に残されていて、美しい花々や緑の木々があふれるその姿は「海上の花園」と呼ばれているそうです。沖縄でも馴染み深いガジュマルやブーゲンビリアといった植物が多いせいか、初めて来たという気がしなくてとても落ち着きます。

 私が中国に興味を持ったのは、国語の授業で習った魯迅の作品がきっかけでした。その後、祖父にすすめられた三国志の世界に驚き、次第に中国の雄大な歴史や建造物、歌のように響く中国語にも惹かれるようになりました。

 中国に来て
3ヶ月が過ぎましたが、厦門の人は明るくて親切で、私が中国語を話せないと知っていても気さくに声をかけてくれます。学生は毎日テストがあるのかと思うほどよく勉強し、また日本についてとても興味を持っており質問も多くて、私も頑張らなくてはといつも背筋が伸びる思いです。

 人々はご飯をたくさん食べ、少し昼寝をし、一生懸命働きます。その姿を見るたびに、すばらしい文化を創り上げてきたのは毎日を力強く生きる人々の手によってなのだなと感じます。

 次回は、中国と厦門ならではの行事やおいしい料理などについてお伝えしたいと思います。それでは、再見!


画像 画像

 近代化が進む厦門市     唐時代の石塔(泉州 開元寺)




 お問い合わせ

【組織名】 企画部 市民協働推進課
【連絡先】 098-893-4411 (代表)
 ・市民協働係(内線403/422)
 ・平和・男女共同係(内線402/421/423)
 ・人材育成交流センターめぶき(TEL 098-896-1215)
【窓口】 市民協働推進課:新館2階 庁舎内マップ


更新日:平成26年2月20日