友好都市:中国厦門市より
ニイハオ!!\(^0^)/


のページでは宜野湾市海外留学生派遣事業により、海外友好姉妹都市である中国福建省厦門市の厦門理工学院へ1年間の留学生活を行っている留学生の留学滞在記を掲載しております。



平成19年度市海外留学生

氏 名:普天間 貴恵(フテンマ キエ)

留学先:中国厦門市立厦門理工学院

留学期間:H19,9~H20,8 


画像

画像

厦門滞在記(普天間 貴恵)~その四~

 
宜野湾市の皆さんこんにちは!私の留学生活も残りわずかとなり、アモイを離れるのが少し寂しく感じているこの頃です。
 まず、先月行った上海旅行についてお話したいと思います。
 アモイから上海までは1時間弱の飛行時間で、着いた当日は、一緒に行った中国人の友達の家に泊めてもらいました。夜遅かったにも関わらず、友達の両親は温かく私を出迎えてくれました。
 次の日は朝早く起きて、電車で上海中心部まで向かい、友達の案内で上海のシンボルタワーと呼ばれる建物を見に行きました。東方明珠塔(ドンファンミンジューター)と言い、468メートルの高さを誇るアジア1位のテレビ塔だそうです。
 上海の印象としては、やはり大都市なだけに人の数や高層ビルがアモイよりも多いと感じました。外国人の観光客も多いようで、外国人向けのお店が立ち並ぶストリートも見受けられ、また、日本でも見慣れているユニクロ、吉野家、ローソンなどもあり、少し日本に帰ったような気持ちになりました。週末を利用しての2泊3日という短い日程でしたが、アモイを飛び出し、中国の他の都市を訪れることにより、その土地にはそれぞれのよさが有ることを感じることができました。
 私の留学生活も終わりを迎えようとしています。1年前アモイに足を踏み入れた時のことは今でもはっきり覚えています。この
1年ここで中国語を学びながら、文化や歴史、慣習にもたくさん触れ、中にはとまどうことも多々ありましたが、普通では味わうことのできない素晴らしい体験をさせてもらったと思っています。また5月の四川省の地震には大変驚きました。私の先生の家もあって、心の痛む思いでした。
 ここでの生活は周りの方の温かさが身に染みて感じる日々でした。留学中いろいろサポートして頂いた宜野湾市役所の皆さん、家族、友達には心から感謝の気持ちで一杯です。そして、宜野湾市の皆さん、
1年間私の留学記を読んでくださり本当にありがとうございました。今後もアモイと宜野湾市の交流がますます盛んになるように願っています。
 それでは、再見(さようなら)
!


 
 東方明珠塔
(ドンファンミンジューター)

 

 

 

 お問い合わせ

【組織名】 企画部 市民協働推進課
【連絡先】 098-893-4411 (代表)
 ・市民協働係(内線403/422)
 ・平和・男女共同係(内線402/421/423)
 ・人材育成交流センターめぶき(TEL 098-896-1215)
【窓口】 市民協働推進課:新館2階 庁舎内マップ


更新日:平成26年2月20日