平成25年厦門滞在記~その③~(2014年5月)

厦門滞在記(伊野波 なつ)その③

 

 前回のレポートから3ヶ月経ち、アモイはもうすっかり夏になりました。4月でも気温が30度を超える日もあります。この3か月、私は香港、マカオ、台北、福州、泉州、永定(えいにてい)を旅行しました。
 
 福州には琉球王国時代に福州で亡くなった人たちのために作られた「琉球墓園」があり、沖縄県民を中心に日本人、中国人が集まりシーミーをしました。空手や琉舞の演技もあり、沖縄のシーミーで食べる重箱やお菓子、サーターアンダギーも食べることができて、久しぶりに沖縄を感じて、とても懐かしくなりました。

 また、泉州では中国式のシーミー(清明節)に参加しました。中国では、清明節はとても大切な行事の一つで、日本に比べ圧倒的に祝日の少ない中国でもこの日は祝日で会社や学校は休みになり、家族で墓参りに行きます。しかし、中国の墓は日本のような家族単位ではなく、個人単位で埋葬されているのですが、人口がとても多くなった今、墓を持つことが難しくなってきているので、家族で集まって食事をするだけという方法にシフトしてきているそうです。泉州をはじめとする閩南(びんなん)地方では、清明節に、日本の手巻き寿司のように自分で具を選んで、春巻の皮で包んで食べるという習慣があります。色々な種類の具が用意されていて、親戚もたくさん集まるので、本当に賑やかで楽しかったです。 

 先学期は基礎中国語の授業を受けていたのですが、今学期からはビジネス中国語の授業が始まり、授業の一環として毎週アモイの様々な企業を訪れています。単語や話の内容は今まで習っていたものに比べとても難しいのですが、実際に仕事をしている方々と話すことのできる数少ない良い機会なので、頑張っていきたいです。

 去年の9月から始まったアモイでの学校生活ですが、来月には授業は全て終了し、夏休みに入ります。残り少ない学校生活を楽しんで、さらに中国語を上達させたいです。

作成日:平成26年5月6日

     

  ↑留学生と先生で醤油工場見学(中段左から3番目)    ↑永定の土楼へ旅行(右から2番目)



 お問い合わせ

【組織名】 企画部 市民協働推進課
【連絡先】 098-893-4411 (代表)
 ・市民協働係(内線403/422)
 ・平和・男女共同係(内線402/421/423)
 ・人材育成交流センターめぶき(TEL 098-896-1215)
【窓口】 市民協働推進課:新館2階 庁舎内マップ



更新日:平成26年5月20日