平成30年度地域づくり推進事業助成対象団体紹介


団体名:にぬふぁぶし

事業名:ましきわくわく!まちたんけん

助成額:50万円

事業内容:地域の特色・魅力ある講習会、ワークショップを開催することで、地域住民が自分の住んでいる地域に愛着と誇りを持ち、地域に関わり、地域コミュニティの活性化につなげる。

イベント情報

【第4回天女と王様をさがせ】
8月26日(日)10:00より真志喜公民館で「第4回天女と王様をさがせ」(主催:にぬふぁぶし)が行われました。
この講座は、全10回講座で真志喜地域を中心に伝統文化、自然体験、地域の方々との交流を深めることを目的としています。
親子を中心として約40名が参加し、森川公園にある文化遺跡めぐりや、紙芝居ではごろも伝説などを学びました。
参加者は、自分たちの住んでいる地域の事を学び、文化や自然を再発見しました。

日時:8月26日(日)10:00~12:00
場所:真志喜公民館
案内人:島袋現市氏(宜野湾市文化財ガイドの会)
         ガイドの会の皆さま

 

 



【講座についてのお問合せは・・・070-3800-5347 代表者仲間あずみ】

【第3回はっぱでおもちゃをつくってあそぼう】
8月5日(日)真志喜公民館にて、親子を中心として約40名が参加しました。身近な植物を使っておもちゃをつくり、遊び方を考えました。講師は草花を使ったおもちゃ作りの著書も執筆している沖縄草玩具館の新崎宏氏。草あみや風車を作りました。。







【第2回みつばちになってまちたんけん】
7月7日(土)、地域との交流を深めながら、伝統文化や自然について学ぶ「ましきわくわく!まちたんけん」(主催:にぬふぁぶし)が真志喜公民館で開催されました。
この講座は、テーマ別に全10回を開催予定。第2回目の今回は「みつばちになってまちたんけん」と題し、ミツバチの事を知り、みつばちになったつもりでまちを探険することで、地域の自然について学ぶことを目的として、第2回目の講義とフィールドワークを行いました。
親子連れなど約60人が参加して、みつばちに関するクイズや、地域のみつばちが好む花などを観察し、みつばちの養蜂(ようほう)見学など楽しみました。
講義では、新垣養蜂園の新垣伝氏がみつばちに関する映像などでクイズをだし、理解を深めました。フィールドワークで、みつばちの養蜂(ようほう)を見学した子ども達からは「本物のみつばちを見ることができ、楽しく勉強出来ました」との声がありました。
にぬふぁぶしの仲間あずみ代表は「現代はコミュニティー形成が難しく、危機感を持っている。地域を知ることで地域が繋がるきっかけにしたい」と話しました。
当事業は、平成30年度宜野湾市地域づくり推進事業基金助成金による活動です。










【第1回魅力いっぱい大綱引き!】
6月24日(日)に開かれた第一回講座では、「みりょくいっぱい大綱引き」として、海外や非本各地の綱引きの映像を見たり、真志喜自治会の地域に住む先輩方から綱の作り方を習いました。会場には親子連れなど、約60名が参加し、綱引きについて楽しく学びました。





 お問い合わせ

【組織名】 企画部 市民協働推進課
【連絡先】 098-893-4411 (代表)
 ・市民協働係(内線403/422)
 ・平和・男女共同係(内線402/421/423)
 ・人材育成交流センターめぶき(TEL 098-896-1215)
【窓口】 市民協働推進課:新館2階 庁舎内マップ

更新日:平成30年8月22日