予防接種に関する一般的注意

 

予防接種を受ける前の注意

 

1.予防接種は、お子さまの体調のよい時に受けるものです。お子さまの健康状態には十分気をつけましょう。何か心配のあるときは、かかりつけの医師や宜野湾市保健相談センターにご相談ください。

2.予診票は、お子さまの健康状態に詳しい保護者が記入し、親子(母子)健康手帳と一緒に持参して下さい。また、お子さまの健康状態をよく知っている保護者がつれて行きましょう。

3.受ける前日は入浴させ、体を清潔にしましょう。

4.受ける予防接種についての必要性や副反応についてよく理解しておきましょう。

 

 

予防接種を受けることができないお子さま

 

1.接種施設で測定した体温が、37度5分以上あるお子さま。

2.重い病気にかかっていることが明らかなお子さま。

3.予防接種の接種液の成分によって、30分以内にひどいアレルギー(アナフィラキシー)をおこしたことのあるお子さま。

【BCG予防接種を受ける場合】

4.外傷などによるケロイドの認められるお子さま。

5.結核既往のあるお子さま。

6.その他、医師が不適当な状態と判断したお子さま。

 

 

予防接種を受けるにあたって、お医者さんと相談しなくてはならないお子さま

 

※主治医の先生に前もって相談してから接種してください。

1.心臓病、腎臓病、肝臓病、血液の病気や発育が悪いなどで治療を受けているお子さま。

2.予防接種で接種後2日以内に発熱のみられたお子さま及び全身性発疹、じんましんなどアレルギーと思われる異常がみられたお子さま。

3.接種しようとする接種液の成分に対して、アレルギーを呈するおそれのあるお子さま。

4.過去にけいれん(ひきつけ)をおこしたことがあるお子さま。

5.過去に免疫不全の診断がなされているお子さま及び近親者に先天性免疫不全症の者がいるお子さま。

【BCG予防接種を受ける場合】

6.過去に結核患者との長期の接触があるお子さま。その他の結核感染の疑いがあるお子さま。

【子宮頸がん予防接種を受ける場合】

7.血小板が少ないお子さまや出血しやすいお子さま。

8.妊婦あるいは妊娠している可能性のあるお子さま(3回接種期間中を含む)

9.現在、授乳中の方


 

子宮頸がん予防ワクチンは、妊娠中の接種に関する有効性や安全性、授乳中の接種に関する安全性は確かめられていないため、妊娠または妊娠している     
可能性のある方に対しては接種を行わないことが望ましいとされています。また、授乳中の方への接種は、予防接種上の有益性が危険性を上回ると判断される場合のみに行われます。



 お問い合わせ

【組織名】 健康推進部 健康増進課
【連絡先】 098-898-5583 (代表) 098-898-5585 (FAX)
【窓口】 宜野湾市真栄原1-13-15(宜野湾市保健相談センター内)

更新日:平成26年9月24日