子育て

新着情報



出産したら


新生児訪問指導
出生後28日以内の赤ちゃんに対して、体重測定を行ったり、栄養・育児などに関する保健指導・助言が受けられます。保健師・助産師がお宅までお伺いします。

■問い合わせ先
保健相談センター(健康増進課)  電話番号:098-898-5583

未熟児訪問指導
2500グラム以下の未熟児に対する家庭訪問などの保健指導を受けることができます。窓口は保健相談センターです。

■問い合わせ先
保健相談センター(健康増進課) 電話番号:098-898-5583

コアラ倶楽部(育児学級)
新米ママさんの情報交換と友達づくりの場として、年6回開催しています。生後1.5ヶ月から3.5ヶ月の赤ちゃんとお母さん対象です。

■問い合わせ先
保健相談センター(健康増進課)  電話番号:098-898-5583

乳児一般健康診査
生後3~4ヶ月と9~10ヶ月の1歳までの2回、赤ちゃん健診を行っています。
詳細は保健相談センターのページへ

■問い合わせ先
保健相談センター(健康増進課)  電話番号:098-898-5583

ブックスタート
楽しいひとときを持つきっかけを、絵本でつくってほしい・・・と、赤ちゃんと、赤ちゃんのまわりの人たちへ絵本とともに支援することを、ブックスタートといいます。
・乳児一般健康診査(生後9~10ヶ月の健診)の方を対象に行ないます。
詳細は市民図書館のページへ

■問い合わせ先
市民図書館   電話番号:098-897-4646

マンマン教室(離乳食栄養実習)
離乳食の基本とすすめ方のコツを実際に実習しながら学びます。
託児室も準備していますのでお子さんを預けられない場合の参加もOKです(要予約)。

■問い合わせ先
保健相談センター(健康増進課)  電話番号:098-898-5583

1歳6ヵ月児健康診査
1歳6ヵ月から1歳8ヶ月の時期のお子さんに、身長・体重測定、尿・貧血検査、内科・歯科検診を行い、保健栄養相談・指導を行っています。
詳細は保健相談センターのページへ

■問い合わせ先
保健相談センター(健康増進課)  電話番号:098-898-5583

3歳児健康診査
満3歳を越え満4歳に達しないお子さんについて、身長・体重測定、尿検査、内科・歯科検診を行い、保健栄養相談・指導を行っています。
詳細は保健相談センターのページへ

■問い合わせ先
保健相談センター(健康増進課)  電話番号:098-898-5583

2歳児歯科検診
乳歯が生えそろう時期に歯磨き指導やおやつの与え方等を再度確認し保健栄養相談・指導を行っています。
詳細は保健相談センターのページへ

■問い合わせ先
保健相談センター(健康増進課)  電話番号:098-898-5583

乳幼児の予防接種
子どもは生まれてから成長するまでの間にとても多くの病気にかかります。伝染病や感染症の中には、症状の重いものや後遺症が心配されるものがあります。かかってから治すより、かからないように予防することが第一です。また、予防接種は一人でも多くの人が受けることによって、集団を同時に感染力の強い病気から守り、病気を根絶するためにも必要なものです。
 詳細は保健相談センターのページへ

■問い合わせ先
保健相談センター(健康増進課)  電話番号:098-898-5583

宜野湾市立保育所・認可保育園
家庭内で、お子さんの保育ができない場合に保護者に代わって、お子さんを預かり、保育することを目的とする児童福祉施設です。
保育所の一覧や入所できる家庭条件、必要な書類等は詳細をご覧ください。
宜野湾市立保育所・認可保育園詳細

■問い合わせ先
保育課   電話番号:098-893-4411 (内線 176~178)

乳幼児健康支援一時預かり
保育所に通所中の児童等が病気の回復期にあり及び集団保育が困難な期間に一時的にその児童を預かり、児童の健全育成及び資質の向上に寄与することを目的としている事業です。
乳幼児健康支援一時預かり詳細

■問い合わせ先
保育課   電話番号:098-893-4411 (内線 176~178)

このページのトップへ

手当て/助成


栄養強化事業
経済的にお困りで栄養の補給が必要な赤ちゃんに、生後4ヶ月から満1歳までの間ミルクを支給します。(乳児の体重と所得の確認をさせていただきます。)
詳細は保健相談センターのページへ

■問い合わせ先
保健相談センター(健康増進課)  電話番号:098-898-5583

こども医療費助成
お子さんの健やかな成長をサポートするために、医療費を助成します。   詳しくはこちら

■問い合わせ先
児童家庭課    電話番号:098-893-4411 (内線:573 ・ 342)

児童手当
児童手当制度は、児童を養育している方に手当を支給することにより家庭における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健全な育成及び資質の向上に資することを目的としています。  詳しくはこちら

■問い合わせ先
児童家庭課   電話番号:098-893-4411 (内線 181 ・ 283 ・ 294)

児童扶養手当事業
母子・父子家庭の児童の母や父、または父または母が身体などに重度の障がいがある児童の母や父、あるいは母や父にかわって、その児童を養育している方に対し、申請により支給されます。   詳しくはこちら

■問い合わせ先
児童家庭課   電話番号:098-893-4411 (内線 263 ・179 ・287)

母子及び父子家庭等医療費助成
母子・父子家庭の児童とその父母、及び父母のいない家庭の児童が入院または通院による治療を受けた場合、医療費の一部を助成します。    詳しくはこちら

■問い合わせ先
児童家庭課   電話番号:098-893-4411 (内線 572)

母子寡婦福祉資金の貸付
夫と死別したり離別した女性で、子供を扶養している方を援助するために、沖縄県が実施している貸付事業です。詳細については、児童家庭課または中部福祉保健所へお問い合わせください。      詳しくはこちら

■問い合わせ先
児童家庭課  電話番号:098-893-4411 (内線 263) / 中部福祉保健所  電話番号:098-938-9709

こども医療費等助成貸付事業
子どもの健全な育成を図るため、医療費負担分の貸付をします。     詳しくはこちら

■問い合わせ先
児童家庭課 電話番号:098-893-4411 (内線:342)

このページのトップへ

相談窓口


育児相談
子育ての悩みや健康について、来所相談・電話相談を随時行っています。また、必要に応じて訪問による指導も行います。

■問い合わせ先
保健相談センター(健康増進課)  電話番号:098-898-5583

ふたば健康相談室(母子健康相談)
毎月2回(第1・3火曜日 受付時間:午前10時~11時)、保健師・助産師・栄養士が健康相談に対応しています。
詳細は保健相談センターのページへ

■問い合わせ先
保健相談センター(健康増進課)  電話番号:098-898-5583

心理相談
宜野湾市では臨床心理士による子どもの「ことばや精神発達の相談室」を実施しています。
お子様の発達段階に応じた関わり方等のアドバイスや必要に応じた専門機関、教室などの紹介をしています。お気軽にご相談ください(要予約)。

■問い合わせ先 保健相談センター(健康増進課)  電話番号:098-898-5583

家庭児童相談
18歳未満のお子さんに関するさまざまな問題について、専門の相談員が相談に応じ、適切な助言・指導を行い、問題解決のお手伝いをします。  詳しくはこちら

■問い合わせ先
家庭児童相談室   電話番号:098-893-4411 (内線 288 ・ 479)


民生委員児童委員
民生委員・児童委員は、厚生大臣に委託されて、行政機関と協力しながら、地域での福祉活動や健全な児童を育てるために活動しています。
活動のモットーは「相手の人格の尊重」と「秘密の厳守」です。「困った」と思ったら、一人で悩まずご相談ください。同じ市民の立場として相談にのり、関係する行政機関と連携して問題解決に務めます。

■問い合わせ先
宜野湾市民生委員児童委員連絡協議会   電話番号:098-893-4411 (内線 128)

主任児童委員
民生委員・児童委員と共に活動し、主に児童問題の相談を行います。
宜野湾市には7名の主任児童員がいます。
「健やかに子供を生み育てる環境づくり」を考え、家庭と学校・行政と連携して、救助活動を行います。

■問い合わせ先
宜野湾市民生委員児童委員連絡協議会   電話番号:098-893-4411 (内線 128)

女性のための相談窓口

悩める女性のための相談窓口です。1人で悩まずに、お気軽にご相談ください。    詳しくはこちら

■問い合わせ先

児童家庭課 電話番号:098-893-4411 (内線:180)


母子・父子自立支援事業

ひとり親や寡婦を対象に、自立に必要な資格取得等の情報提供や就労支援を行っています。※要予約


■問い合わせ先
児童家庭課 電話番号:098-893-4411 (内線:263)


このページのトップへ

障がい児福祉


障がい児保育

対象となる児童は、心身に中軽度の障がいを有し、集団保育が可能な児童で、保護者が働いているなどの理由で『保育に欠ける』児童です。
詳しくは保育課までお問い合わせ下さい。

■/問い合わせ先
保育課   電話番号:098-893-4411(内線 176~178)


障害児への補装具及び日常生活用具
身体障害者手帳の交付を受けた障害児(者)に対し、補装具(補聴器や義肢等)の交付及び修理を行います。また在宅の重度障害児(者)に対し、日常生活の便宜を図るため入浴補助用具や特殊寝台等の給付を行います。ただし、世帯の課税状況に応じ費用の一部を負担していただく場合があります。

■問い合わせ先
障がい福祉課   電話番号:098-893-4411  (内線 160~164)

特別児童扶養手当
家庭において介護されている精神または心身に障害を有する児童に対し、特別児童扶養手当を支給することによって、その児童の福祉の増進を図ることを目的とした制度です。   詳しくはこちら

■問い合わせ先
児童家庭課  電話番号:098-893-4411(内線 182)

重度心身障害者(児)医療費助成
心身に重度の障害がある方に、医療費の自己負担分を補助します。申請して受給者証をもらい、医療機関で受け取った領収書を障害福祉課の窓口に提出して申請すると、後に払い戻しのかたちで支給されます。受給資格者となるためには本人及び主たる扶養義務者の所得制限があります。
重度心身障害者(児)医療費助成詳細

■問い合わせ先
障がい福祉課  電話番号:098-893-4411(内線 161~164)

障害児福祉手当
心身に著しく重度の障害があるため、日常生活において、常時介護を必要とする20歳未満の障害児に支給される手当です。
障害児福祉手当詳細

■問い合わせ先
障がい福祉課  電話番号:098-893-4411 (内線 161~164)
このページのトップへ