精神障害者保健福祉手帳とは

精神障害者保健福祉手帳は、精神に障がいのある方が安心して医療・保健・福祉を受けることができるよう交付されるものです。障がいの程度により、1級から3級までの手帳が交付され、この手帳を持つことで障がいに対する理解を求めることもできるので、社会参加のひとつの手段として、所持することをお勧めしています。また、居宅介護等のサービスを受ける場合も手帳を持っていることが必要となります。手帳は2年ごとに更新が必要で、更新手続きは、有効期限の3ケ月前から行うことができます。

 

沖縄県内公共交通機関運賃・施設利用料割引等一覧

沖縄県精神保健福祉センター(リンク)

沖縄県・手帳

沖縄県精神保健福祉センター(リンク)


手続き  手続きに必要なもの 
新規・再認定の手続きをする場合     申請書
医療機関もしくは、障がい福祉課窓口にあります。
※手帳 再認定の方。
申請の種類①~③
※①診断書 初診日より6ケ月以上経過した日以後の診断書
※②障害年金証書・年金通知ハガキ
年金証書の写し、年金支払(振込)通知書の写し。(年金番号の記載があるもの)
※年金受給に基づく申請の場合は、等級は障害年金と同じになります。
※③特別障害者給付資格証書  
写真
顔写真(たて4㎝×よこ3㎝)撮影1年以内のもの。
※写真拒否の届出 写真添付を望まない方。一部の福祉サービス等が受けられない場合があります。
※同意書
社会保険事務所への照会同意書。障害年金証書・年金通知ハガキで申請された方。
印鑑 本人の認印。代理申請の場合は、代理の方の印鑑。
住所・氏名が変わった場合
※(県内転入) 
記載事項変更届 障がい福祉課窓口にあります。※県内転入の場合、住所変更手続きで、継続して利用できます。
手帳
手帳の原本。
印鑑 本人の認印。代理申請の場合は、代理の方の印鑑。

汚れ・破り・紛失した場合
   
再発行申請書
障がい福祉課窓口にあります。
写真
顔写真(たて4㎝×よこ3㎝)撮影1年以内のもの。
※写真拒否の届け出
写真添付を望まない方。一部の福祉サービス等が受けられない場合があります。
印鑑
本人の認印。代理申請の場合は、代理の方の印鑑。


県外転入

   
手帳申請書
障がい福祉課窓口にあります。
記載事項変更届 障がい福祉課窓口にあります。
手帳 県外で使用されていた手帳
写真 顔写真(たて4㎝×よこ3㎝)撮影1年以内のもの。
※写真拒否の届け出 写真添付を望まない方。一部の福祉サービス等が受けられない場合があります。
県外転出 手帳 手帳の原本。有効期限内であること。他都道府県手帳様式に変更する為、転出先市町村担当課で必要書類を確認して下さい。
返還する場合 手帳 死亡したとき、本人が返還を希望する場合、障がいの等級か変わった場合、新しい手帳と引き換えになります。

 お問い合わせ

【組織名】 福祉推進部 障がい福祉課
【連絡先】 098-893-4411 (代表)
・給付係 (内線 161/162/217)
・自立支援係 (内線 163/164/216/286)
【窓口】 障がい福祉課:本館1階 庁舎内マップ

更新日:平成27年11月11日