外国人住民の方についても「住基ネット」「住基カード」の運用が始まります。


  2013年7月8日(月)から、外国人住民の方についても住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)の運用が開始されます。
住基ネットの運用開始に伴い、外国人住民の方の住民票に住民票コードが記載され、7月中旬頃、住民票コードがご本人へ通知されます。

  2013年7月8日(月)から、外国人住民の方も市役所市民課にて住民基本台帳カード(住基カード)の交付を受ける事ができるようになります。
住基カードは、セキュリティに優れたICカードで、「写真付き住基カード」は公的な身分証明書としてもご利用できます。

住基カードの申請方法等については、市民課までお問合せください。


<2013年7月8日から、できるようになることの例>


 ・一部の行政機関で、住民票の写しの提出の省略が可能となるなど、手続が簡略化されるようになります。
 ・お住まいの市区町村以外でも住民票の写しの交付を受けること(注)ができるようになります。
 (注)住基カード又は在留カード等の提示が必要です。
 ・住基カードの交付を受けている方は、転入届の特例が受けられ、郵送等により転出届を行うことで、
  引越し時の手続で市区町村の窓口に出向くのは、引越し先の一度で済むようになります。
 ・住基カードに電子証明書を格納することで、電子証明書による本人確認を必要とする行政手続の
  インターネット申請ができるようになります。


「住基ネット」・「住基カード」の詳細は↓ 

外国人住民に係る住民基本台帳制度について(総務省サイトへリンク)


【お問合せ先】宜野湾市役所 市民課
TEL:893-4411 内線108・109

 お問い合わせ

【組織名】 市民経済部 市民課
【連絡先】 098-893-4411 (代表)
・市民係 (内線108/109/123/125/184)
・記録係 (内線111/112)
・戸籍係 (内線106/107)
・年金係 (内線114/116/117)
【窓口】 市民課:本館1階 庁舎内マップ

更新日:平成25年7月2日