4Rを推進しよう  ~「リサイクル」よりも「先にすること」があります! ~



よんアール
「4R」って何 


「4R」とは、
リフューズ(REFUSE)・リデュース(REDUCE)・リユース(REUSE)・リサイクル(RECYCLE)の4つの英語の頭文字「R」をとって「4R」とよんでいます。「4R」はごみを減らして、環境にやさしい社会をつくるキーワードです。



「4R」とは


「4Rの行動」には優先順位があり、これらの行動を順番に行うことに意味があります。

「リサイクル」は、4番目!


「リサイクル」と聞くと、「ごみを減らす手段」と、つい思ってしまいがちですが、「4R」の行動では「リサイクル」は、最後の4番目に来ています。次に、その理由を説明します。

「リサイクル」よりも、「先にすること」があります!


「リサイクル」の本来の意味は、不用品や廃棄物を資源(原料)に戻して、再利用することをいいます。しかし、沖縄には資源ごみのリサイクル工場(再生品を作る工場)が少なく、県外に輸送する資源ごみが多いのが現状であるため、他県に比べて、リサイクルのための輸送コストやエネルギーが多くかかってしまいます。また、何度も「リサイクル」を繰り返せば、その質も低下し、最終的にはごみとして処分されてしまいます。

資源ごみを増やすことは、ごみの減量化ではありません!


「資源ごみ」として分別してごみを出せば、ごみの減量化につながると思いがちですが、不用になったものを捨てた場合、それはいくら資源化されるとしても、「不用物=ごみ」となるのです。「リサイクル」はとても大切なことですが、その前に「使い捨てをやめる(減らす)」「無駄づかいをしない」「繰り返し大切に使う」ことを心がけることが、ごみの減量化につながるのです。


 お問い合わせ

【組織名】 市民経済部 環境対策課
【連絡先】 098-893-4411 (代表)
・清掃指導係 (内線 452~455 )
・環境指導係 (内線 451/456/457)
【窓口】 環境対策課:新館2階 庁舎内マップ

更新日:平成25年5月22日