生ごみの減量化について ~ 生ごみを「もう一絞り」~


① 生ごみを出さないライフスタイル

 
  ごみの中で、生ごみが占める割合は?
  家庭から出る可燃ごみの中で、生ごみが占める割合は、30%~40%と言われています。そのことから、生ごみを減らすだけでごみの量は大幅に減少することがわかります。
  そこで、生ごみを減らすために、次のことを実践してみましょう。

 
  〇「計画的に買い物をする(不要なものは買わない)」
  〇「料理を作り過ぎない」
  〇「食材を使い切る、食べ残しをしない」


② 生ごみを「もう一絞り」

 
  生ごみの約80%が水分といわれており、生ごみ=水分を運んで燃やしていることになります。
  ごみ袋に入れる前に、生ごみをネット等に入れ「もう一絞り」し「水分」を減らすことで、大幅なごみの減量化につながり、また、より少ないエネルギーでごみを処理することが出来ます。
  また、野菜の皮をむくときは、洗う前に調理台の上で行い、生ごみをなるべく濡らさないようにしましょう。


③「生ごみ処理容器購入費補助金制度」の活用

 
  生ごみ処理容器を購入された方に補助金を交付しています!
  家庭から出る生ごみを有効利用するため、またはごみの減量化を図る目的から、生ごみ処理容器(処理機)を購入した方に対して補助金を交付しています。
  生ごみ処理容器(処理機)を購入して、ごみの減量化を促進しましょう!


~補助の対象~


1.市内に住所を有し、実際に住んでいる方
2.容器(機)を設置し、適正に維持管理ができる方
3.処理された生ごみを適正処理・自家処理できる方

 
※ 補助金の対象となる数量は、1世帯または1団体あたり5年間につき、
   生ごみ処理容器・・・3基以内
   生ごみ処理機・・・・1基のみ となります。


~申請に必要なもの~


1.身分証明書(免許証または保険証等)
2.印鑑(認印可)
3.預金通帳(郵便局以外)
4.領収書(氏名・品名が記載されているもの)
5.商品のパンフレット

 

※ 身分証明書・預金通帳・領収書は申請者のフルネームが記載されているものであり、すべて同一名義に限ります。


~補助金の額~


  生ごみ処理容器(処理機)1基の購入費の2分の1以内で、その額が3万円を超える場合は、3万円とする。


~申し込み先~

 
  宜野湾市役所 環境対策課 893-4411(内線452~455)




 お問い合わせ

【組織名】 市民経済部 環境対策課
【連絡先】 098-893-4411 (代表)
・清掃指導係 (内線 452~455 )
・環境指導係 (内線 451/456/457)
【窓口】 環境対策課:新館2階 庁舎内マップ

更新日:平成25年5月22日