老後により多く年金を受け取りたい方にオススメの制度です

付加年金

● 付加年金とは

定額保険料に付加保険料月額400円をプラスして納めると、将来受け取る老齢基礎年金に付加年金が上乗せされます。

年金を2年間受け取ると納めた分を取り戻し、年目以降はもらい得になる大変お得な制度です。

 

いくら上乗せされるかというと・・・

 

〔付加年金 年間受け取り額の計算式〕

200円 × 付加保険料を納めた月数画像

例〉 付加保険料を10年間納めると・・・

〔付加保険料の納付総額〕

400円×10年(120月)=48,000円

付加年金を3年間受け取ると・・・

〔1年間で受け取る付加年金額〕

200円×10年(120月)=24,000円

やじるし

〔3年間で受け取る付加年金額〕

24,000円×3年(36月)=72,000円

※ 付加年金は 生涯 上乗せされます

 

● 手続きはお住まいの市町村、またはお近くの年金事務所へ


  注) ただし、次の方は付加年金に加入できません

・ 第2号被保険者

・ 第3号被保険者

・ 国民年金基金加入中の方

・ 免除をしている方(免除申請を取り下げれば加入できます)


※ 納付期限は翌月末日(休日・祝日の場合は翌営業日)です。

 

※ 納期限を経過した場合でも、期限から2年間は付加保険料を納めることができます。

 

※ 付加年金は定額のため、物価スライド(増額・減額)はありません。

 

詳しくは日本年金機構ホームページ


戻る

更新日:平成28年12月9日

 お問い合わせ

【組織名】 市民経済部 市民課
【連絡先】 098-893-4411 (代表)
・市民係 (内線108/109/123/125/184)
・記録係 (内線111/112)
・戸籍係 (内線106/107)
・年金係 (内線114/116/117)
【窓口】 市民課:本館1階 庁舎内マップ