納付猶予制度とは・・・?


平成28年7月から始まった制度です。
「納付猶予制度」では、50歳未満の方に限って同居している世帯主の所得に関わらず、本人および配偶者の
所得を基準として保険料の納付を猶予します。
※所得制限あり

※ 納付猶予制度の所得制限額 (扶養人数によって異なります)
世帯員数
扶養なし
1人扶養
2人扶養
所得制限額
 57万円
 92万円
 127万円


納付猶予が認められると・・・?

納付猶予期間は、年金の受給資格期間(最低10年必要)に参入されます。

年金額の計算には反映されませんが、老齢年金の減額を防ぐため、10年間は保険料の追納ができます。ただし、2年を過ぎると当時の保険料に加算金がつきます。

障害年金・遺族年金の請求時には、納付と同じ扱いとなります。

詳しくは日本年金機構ホームページ

戻る

更新日:平成29年8月3日
 お問い合わせ

【組織名】 市民経済部 市民課
【連絡先】 098-893-4411 (代表)
・市民係 (内線108/109/123/125/184)
・記録係 (内線111/112)
・戸籍係 (内線106/107)
・年金係 (内線114/116/117)
【窓口】 市民課:本館1階 庁舎内マップ