こんなときには届出を!!画像

 就職・退職・転職・結婚・離婚などにより加入のしかたが変わることがあり、そのつど届出が必要です。

 届出を忘れると、将来受ける年金額が減額されたり、もらえなくなる場合があります。

加入者の種類

こんなとき

種  別

届 出 先

第1号

被保険者

自営業者・農林漁業者・ 学生・無職の人など

(20歳以上60歳未満)

会社に就職したとき

第1号 → 第2号

勤務先

第2号被保険者(配偶者)の扶養になったとき

第1号 → 第3号

配偶者の勤務先

第2号

被保険者

・ 厚生年金加入者

・ 共済組合加入者

・ 船員保険加入者

会社を退職したとき

第2号 → 第1号

市民課年金係

第2号被保険者(配偶者)の扶養になったとき

第2号 → 第3号

配偶者の勤務先

第3号

被保険者

 

第2号被保険者(厚生年金や共済組合の加入者)に扶養されている妻、または夫

(20歳以上60歳未満)

配偶者が会社を退職したとき

第3号 → 第1号

市民課年金係

配偶者が会社を変わったとき

第3号 → 第3号

配偶者の新しい勤務先

配偶者の扶養からはずれたとき(離婚・収入増など)

第3号 → 第1号

市民課年金係 

※ 扶養とは、健康保険の被扶養者のことをいいます。

※ 健康保険の扶養になっても、第3号被保険者の手続きをしないと未納と同じ扱いになりますので、必ず手続きを!

※ 第3号被保険者の保険料は、配偶者が加入している厚生年金や共済組合でまとめて負担するため個人負担で納める必要はありません。(注:配偶者の給与から天引きされているわけではありません) 

 

 


 

           戻る