年金受給者の皆様へ

現況届の提出が原則不要になりました!  

 

これまで年金受給者の皆様の現況確認については、年1回、現況届(はがき形式)を提出していただく方法によって行っていました。

日本年金機構(旧社会保険庁)では、平成18年10月より年金受給者の皆様の手続きの簡素化を図るため、住民基本台帳ネットワークシステムを活用した現況確認を行うこととなりました。

 

※ ただし、次の方は「現況届」・または「その他書類」の提出が引き続き必要です。

(日本年金機構より当該書類が送付されます)

  現況届の提出が必要な方

・ 住民票コードを確認できない方

・ 外国籍の方

・ 外国に住んでいる方

・ 20歳前障害で障害年金を受けている方・・・(7月に現況届を提出)

現況届以外の書類提出が必要な方

・ 加給年金を受けている方・・・「生計維持確認届(はがき形式)」

・ 障害年金を受けている方・・・「障害状態確認届(診断書)」

・ 65歳に国民年金請求が必要な方・・・「老齢給付裁定請求書(はがき形式)

  お問い合わせは、コザ年金事務所へ (TEL 098-933-2267)

 

詳しくは日本年金機構ホームページ

戻る

更新日:平成28年12月9日

 お問い合わせ

【組織名】 市民経済部 市民課
【連絡先】 098-893-4411 (代表)
・市民係 (内線108/109/123/125/184)
・記録係 (内線111/112)
・戸籍係 (内線106/107)
・年金係 (内線114/116/117)
【窓口】 市民課:本館1階 庁舎内マップ