食育授業に行ってきました。(普天間センター)

  平成24年9月19日(水)、普天間第二学校給食センターの栄養職員が普天間小学校にて給食指導を行いました。今回の食育の授業は、 6年生を対象に『おやつについて考えよう』というテーマのもとに、次の2つのねらいについて学習しました。

  • おやつに含まれる砂糖、油、塩の量を知ること。
  • 自分のおやつの食べ方を見直し、望ましい摂り方を実践できる力を身につけること。

授業後の児童たちからは

  • 「炭酸飲料は毎日のように飲んでいるけど、砂糖の量が思っている以上に多いことが分かったので特別な日に飲むようにしたい。」
  • 「おやつ(間食)はおにぎりとお茶にする。塩分、糖分、油の摂りすぎに気をつける。」
  • 「望ましいおやつに好きな種類の物はありませんが、克服していきたいです。」
  • 「私たちが普段食べているお菓子や飲み物には、思ったより砂糖が多くてびっくりした。」
などの感想がありました。

  児童たちに好まれる「おやつ」には脂質、糖質、塩分の多いスナック菓子や清涼飲料水、チョコレート等があります。こういう甘いお菓子等は 生活を楽しくしたり、疲れた体を少し元気にしたりする働きもありますが、児童たちの中にはこれらの食品の摂り過ぎが原因で、望ましい夕食と しての食事が摂れていない児童もいるようです。

  おやつは本来、1日3食の食事で補えない栄養素を摂取するものです。摂取量や時間帯によって、過剰摂取や食事に影響が生じる場合も あります。なぜ、おやつが必要なのか、今回の授業をきっかけとして、どのようにおやつを摂ったら良いのかを児童たちに強い関心をもって もらい、家族のみなさんと一緒に考えてもらえたらと思います。

画像画像


 お問い合わせ

【組織名】 指導部 学校給食センター
【連絡先】 098-898-4541 (代表) 098-898-4672 (FAX)
【E-mail】 kyoiku18@city.ginowan.okinawa.jp
【窓口】 〒901-2213 沖縄県宜野湾市志真志三丁目16番1号    地 図


更新日:平成24年9月24日