特別養護老人ホーム宜野湾市福寿園の民営化について

~さらなるサービス向上を目指して~

 

■民営化の目的

特別養護老人ホーム宜野湾市福寿園は、老人福祉のさきがけとして昭和52年6月、県内唯一の市立特別養護老人ホームとして運営してきましたが、今後は、「民に任せられるものは民に任せる」という宜野湾市外部委託等推進方針の考え方に基づき、民間の持つ柔軟性や効率性を活かして介護サービスの充実を図るとともに、宜野湾市としては、従来の直接的なサービスを提供することではなく、宜野湾市全体の老人福祉を向上させていくことに注力していくために、民営化をすることと致しました。

 

■民営化の基本的な考え方

(1)基本的事項

民営化にあたっては、入所者及びその家族へ与える影響について最大限に配慮するとともに、利用者に不利益が生じることがないよう十分注意し、慎重に進めていきます。

(2)介護サービスについて

介護サービスについては、民営化後においても、移譲先法人の持つ技術や能力を生かした介護サービスを行い、現在のサービスの内容を低下させることのないよう継続するとともに、更なるサービスの向上を目指します。

(3)円滑な引継ぎ

運営を移行する際にサービスの停滞を招くことがないよう、移譲先法人と事前に十分な引継ぎを行うとともに、課題等が生じた場合には十分な対応策を講じていきます。

(4)市の役割

市は、制度全体のコーディネーターとして、老人福祉の向上に努め、社会福祉法人等の活動支援、制度全体の調整や環境整備に注力し、サービス全体の底上げを図っていきます。

 

■民営化の時期 

平成27年4月1日から、社会福祉法人による運営が開始されます。

 

■移譲先法人
 

   
名称 社会福祉法人 喜寿会
所在地 沖縄県南城市字小谷238-1
理事長 喜舎場 朝義

 

【参考資料】

特別養護老人ホーム宜野湾市福寿園民営化基本方針  

特別養護老人ホーム宜野湾市福寿園民営化実施計画書

特別養護老人ホーム宜野湾市福寿園の民間移譲に関する公募要項

特別養護老人ホーム宜野湾市福寿園の民間移譲に係る移譲先法人等の選定結果について

 

 


福寿園民営化に関するQ&Aはこちらから。>>>  福寿園民営化Q&A集


福寿園

 お問い合わせ

【組織名】 健康推進部 福寿園

【連絡先】 098-892-1333

福寿園マップ