税関係証明書について

新着情報


税関係証明

■税証明の種類と担当課窓口

 
証明書の種類
担当課窓口
・所得証明・課税証明・扶養証明・営業証明・申告書の写し
・資産(土地・家屋)証明・無資産証明・評価証明・公課証明
・家屋滅失証明・土地家屋名寄帳・地籍併合図・住宅用家屋証明   
   宜野湾市役所2階 税務課  
22番窓口

・納税証明・完納証明 宜野湾市役所2階 納税課
25番窓口
 

  所得証明・課税証明・扶養証明・申告書の写しは、必要としている年度の1月1日現在住民登録をしている役所(役場)でしか発行できません(例外を除く)。又、市県民税確定申告をしていない方は、申告をした後にしか証明発行できません。

  資産(土地・家屋)証明・評価証明・公課証明は、宜野湾市内の土地・家屋の証明です。宜野湾市内に土地家屋を所有していない方は、無資産証明になります。   

■税証明書を申請するときに必要なもの


1.申請人本人⇒

  本人確認できる書類※1(運転免許証、健康保険証、その他公的機関から発行された書類等)


2.代理人⇒

○所得関係:現在市外にお住まいの方又は市内在住であっても同一世帯以外の方が申請する場合には本人自筆の委任状(営業証明申請は法人代表者印が押印された委任状)及び代理人の本人確認できる書類※1(運転免許証、健康保険証、その他公的機関から発行された書類等)

○資産関係:本人自筆の委任状(法人所有の場合、法人代表者印が押印された委任状)及び代理人の本人確認できる書類※1(運転免許証、健康保険証、その他公的機関から発行された書類等)

 

◎資産の所有者が死亡している場合、相続人が申請するときは、申請者と所有者の相続関係を確認しますので戸籍謄本等関係を確認できる書類を持参してください。  

 

※1:本人確認できる書類について詳しくはこちらの、「1.証明申請人の本人確認」をご参考ください。

 

土地の地番について

 土地には地番がついています。住所が必ずしも地番と同一という訳ではありません。地番指定で資産証明を申請する際には、前もって各自で地番を確認してお越しください。   

■税証明の手数料
 
 税務課窓口交付の手数料
○所得課税証明・扶養証明・営業証明・申告書の写し
⇒ 1通:300円  

○資産(土地・家屋)証明・無資産証明・評価証明・公課証明・家屋滅失証明 
⇒ 1通:300円、1通増すごとに300円  

○土地家屋名寄帳の写し及び閲覧
⇒ 1件:300円

○地籍併合図の写し
⇒  A4サイズ300円(航空写真500円)
⇒  A3サイズ500円(航空写真800円)

○住宅用家屋証明
⇒ 1件:1,300円
 
 マイナンバーカードによるコンビニ交付手数料
○所得課税証明
⇒ 1通:200円

■税証明を郵送で申請する場合


* 所得関係の証明を郵送で申請する場合は、次の事を確認してください。

課税は原則として1月1日現在の居住地で行われます。必要としている証明年度の1月1日の住所は宜野湾市でしたか?

市県民税申告又は確定申告は済んでますか?申告がされていない場合は証明発行ができません。 

 

  申請方法は次の通りです。

※ここでは申請書を各自で作成し請求する方法をご案内います。申請書のダウロードやプリントアウトが可能な方はこちらへお進みください。→税証明を郵送で申請する場合について

1 次の必要事項を便せん等に記入してください。      

・申請人の現住所、氏名、生年月日

・税証明の必要な人の氏名・生年月日及び宜野湾市にいた時の住所

・証明書の種類と年度、使用目的

・必要枚数

・昼間連絡のとれる電話番号

*税証明の必要な本人以外の方が申請する場合は、委任者(税証明の必要な本人)が自筆で記入された委任状を添付してください。

 
2 申請人の本人確認できる書類(運転免許証、健康保険証等)の写し

→本人確認できる書類について詳しくはこちらの、「1.証明申請人の本人確認」をご参考ください。

3 返信用封筒に郵送先の現住所・氏名を記入し切手を貼ってください。

4 手数料を計算し、必要枚数分の定額小為替を郵便局で購入してください。(資産関係の証明書について、資産を複数所有している場合は複数枚にまたがる場合がありますので事前に手数料の確認をお願いします。)  

5 上記1~4を同封し下記の送付先宛に郵送してください。   

送付先 〒901-2710 沖縄県宜野湾市野嵩1-1-1  宜野湾市役所 税務課 税制係



お問い合わせ

【組織名】 総務部 税務課
【連絡先】 098-893-4411 (代表)
税務課税制係 (内線221~223)
【窓口】 税務課:本館2階 庁舎内マップ