福祉サービス利用援助事業

 

住み慣れたまちで、障がいがあっても、認知症や精神疾患を患っていても、いつまでも安心して暮らせるよう、平成25年8月に宜野湾市権利擁護支援センターうるるが開所しました。

宜野湾市権利擁護支援センターうるるでは、福祉サービスの利用手続きや、金銭管理のお手伝いをしていきます。

相談を受けた後、専門員がお宅を訪問し話を伺い、支援計画を作成し契約を行います。契約後は生活支援員が、契約内容に沿って支援をしていきます。

 

 

対象

 

①認知症の高齢者の方、精神障害のある方、知的障害のある方など、福祉サービスの利用や支払いなどについて自分の判断で適切に行うことが困難な方。

 

②日常生活において自分で契約などの判断や金銭管理に不安のある方。

(※認知症と診断されていない方、療育手帳や精神障害者保健福祉手帳を持ってない方も対象です。)

 

 

業務内容

 

①福祉サービス利用援助事業

福祉サービスについての説明、利用、更新、終了手続き

福祉サービスに関する苦情解決制度の利用援助

 

②日常的金銭管理

家賃、公共料金、税金、医療費などの支払い、年金、手当などの受取り、預貯金の出し入れ

 

③書類等預かりサービス

通帳や印鑑、その他重要な書類を保管

 

 

 

 

 

お問い合わせ

社会福祉法人 宜野湾市社会福祉協議会

宜野湾市権利擁護センターうるる

住 所 : 宜野湾市赤道2丁目7番1号(宜野湾市社会福祉センター内)

電 話 : 098-892-6525  FAX : 098-892-0843