宜野湾市長より市民の皆様へお知らせ


   『辺野古米軍基地建設のための埋立ての賛否を問う県民投票』の事務の実施について


   みだしのことにつきまして、これまで私は宜野湾市議会が県民投票条例に反対し、「『辺野古米軍基地建設のための埋立ての賛否を問う県民投票条例』に反対し、一日も早い普天間飛行場の危険性除去及び閉鎖・返還を求める意見書」も賛成多数で可決されたこと、また県民投票関連予算案も二度否決したことに鑑み、市議会の意思は極めて重いものと受け止め、県民投票には不参加を表明しておりました。

   その後、全市町村での実施に向けて沖縄県議会や沖縄県知事がご尽力をされ、選択肢を2択から3択へと条例改正されたということなどを重く受け止め、市議会各会派代表者会議においてご理解をいただき、宜野湾市長として県民投票を来たる2月24日に実施することと致しました。

   今回の県民投票において、普天間飛行場の「固定化」に繋がる懸念は大きく残っており、決してぬぐい去れるものではありませんが、普天間飛行場の危険性の除去並びに一日も早い返還に向けて、県民、国民の皆様が考える機会になればとの思いでおります。

   現在、2月24日の実施に向けて事務の遅れを取り戻すべく、職員とともに取り組んでいるところでございますので、市民の皆様におかれましては、ぜひご理解下さいますようお願い申し上げます。



                                                                             平成31年2月1日
                                                                             宜野湾市長 松川 正則