■ 県ベスト育児制度賞受賞!!

本市ひとり親家庭子どもの生活・学習支援事業'Teen support room 沖種(おきだね)’が、子育て世代が受けられる制度などをまとめたサイト「育児助成金白書(イクハク)」を運営する一般社団法人日本子育て制度機構の厳正なる選考により、2018年度県ベスト育児制度賞に選ばれました。同賞受賞は県内初!!
10月16日(水)、沖縄国際大学ボランティアサークル'Teen support room 沖種(おきだね)’の大学生メンバーおよびサークル顧問を本庁に招き、受賞伝達式を行いました。


賞状はこちら




■ ひとり親家庭子どもの生活・学習支援事業について

  宜野湾市ひとり親家庭子どもの生活・学習支援事業‘Teen support room 沖種(おきだね)’は、宜野湾市役所と沖縄国際大学が協働し、市内のひとり親家庭の中学生を対象に、学習のサポートや体験活動、居場所づくり等を行い、中学生の将来の視野を広げ、自己肯定感を高めることを目的とした事業です。学習のサポートを受けるだけではなく、少し人生の先輩である大学生との関わりによって、「近い将来の自分」について一緒に考えることができ、幅広い中学生の悩みの相談を受けることができます。


※Teen support room 沖種の詳細はこちら