介護保険料について


〇●目次●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇
1. 65歳以上の方(第1号被保険者)の介護保険料
2. 介護保険料の納め方
3. 宜野湾市の介護保険料減免について
4. 介護保険料を滞納した場合
〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇

1.65歳以上の方(第1号被保険者)の介護保険料


介護保険料は、介護保険給付費(介護にかかる費用)を推計し、算出された「基準額」をもとに、本人や世帯の市民税課税状況、所得の状況に応じて決まります。


★広報ちらし★
「平成27年度から65歳以上の方の介護保険料が変わりました!!」

2.介護保険料の納め方


介護保険料の納め方は、みなさんが受給している年金の額などによって2種類あります。


<特別徴収>
(介護保険法第131条) 

年金が年額18万円以上の方は、年金から差し引かれる特別徴収です
  ※年金が年額18万円以上でも一時的に納付書で納めることがあります!
  〇年度の途中で65歳になった場合
  〇他の市町村から転入した場合
  〇年金を担保に借り入れをした場合
  〇介護保険料の年額が変更になった場合・・・等

<普通徴収>
年金が年額18万円未満の方は、納付書や口座振替で納める普通徴収です
 

3.宜野湾市の介護保険料の減免について


(1)介護保険料の所得段階が第2段階、第3段階の方で、
   次のいずれにも該当する場合は減額することができます


 ①非課税世帯で、前年中の世帯収入金額(預貯金を含む)が120万円以下である。
   (本人を除く世帯員がいる場合は1人につき35万円を加える)
 ②資産を活用してもなお生活が困窮していると認められる世帯に属する方。
 ③市町村民税課税者と生計を共にしていない方。
 ④市町村民税課税者に扶養されていない方。

(2)前年中の世帯合計所得金額が600万円以下で、次の場合には
   所得段階区分に関わりなく減額が適用されます。

 ①住宅、家財又はその他財産について、著しい損害を受けた場合。
 ②主たる生計者が死亡、長期入院、事業の損失、失業等により合計所得金額が
   1/2以上減少すると見込まれる場合。
 ③農作物、不漁の損失額が3/10以上ある場合。

(3)刑事施設、労役場その他これらに準ずる施設に拘禁されていた方は、
   その期間の保険料は免除されます。
 

4.介護保険料を滞納した場合


1年以上滞納すると・・・

サービスを利用したときに費用がいったん全額自己負担となり、申請により
後で
保険給付分が支払われます。

1年6カ月以上滞納すると・・・
保険給付分の一部または全部が差し止められ、その中から滞納している
保険料相当分が差し引かれます。

2年以上滞納すると・・・
サービスを利用したときの自己負担が3割に引き上げられたり、高額サービス費等が
受けられなくなります。

★広報ちらし★
「あなたの介護保険料が未納になっています」


 お問い合わせ

【組織名】 健康推進部 介護長寿課
【連絡先】 098-893-4411 (代表)
・事業管理係  (内線 477)
・保険料係   (内線 167・189・166)
・認定給付係 (内線 168・169・170・193)
・長寿支援係 (内線  183・172・204)

【窓口】 介護長寿課:本館1階 庁舎内マップ

【老人福祉センター】
098-893-6400 (代表) 098-893-6401 (FAX)