区分支給限度基準額の改正及び介護保険被保険者証の取り扱いについて

区分支給限度基準額の改正について
令和元年10月から、消費税率10%への引き上げに伴い、区分支給限度基準額も令和元年10月より下記のとおり変更の予定となっております。
1ヵ月あたり
区分 現行(9月30日まで) 改定後(10月1日から)
事業対象者 5,003単位 5,032単位
要支援1 5,003単位 5,032単位
要支援2 10,473単位 10,531単位
要介護1 16,692単位 16,765単位
要介護2 19,616単位 19,705単位
要介護3 26,931単位 27,048単位
要介護4 30,806単位 30,938単位
要介護5 36,065単位 36,217単位
福祉用具購入費、住宅改修費について
消費税率引き上げに伴う支給限度基準額の変更はありません。
介護保険被保険者証の取り扱いについて
要介護(要支援)認定を受けている方の介護保険被保険者証には、要介護状態区分に応じた区分支給限度基準額が記載されています。(上表中、改定前の単位が記載されています。)が、今回の改正による介護保険被保険者証の差し替えは行いません。上表中、改定後の単位に読み替えてご利用いただきますようご協力お願い申し上げます。
なお、令和元年10月以降に発行される介護保険被保険者証には改正後の区分支給限度基準額が記載されます。
 
 
令和元年7月8日 厚生労働省事務連絡
「消費税引上げに伴う区分支給限度基準額の見直しに関する介護保険被保険者証の取扱いについて PDF55KB