[訪問介護(生活援助中心型)の回数が多いケアプランの届出について]

平成30年10月より、利用者の自立支援・重度化防止や地域資源の有効活用等の観点から、訪問介護の生活援助中心型を一定数以上位置付ける場合は市町村に届け出が必要となりました。
厚生労働大臣が定める回数(1月あたり)
要介護度/基準回数 要介護1 27回 要介護2 34回 要介護3 43回 要介護4 38回 要介護5 31回

[提出書類について]
居宅サービス計画1~4表、6~7表の写し(利用者の署名・捺印があるもの)
アセスメント表の写し

[届出の時期及び期限]
平成30年10月1日以降に作成又は変更した居宅サービス計画のうち一定回数以上の訪問介護(生活援助中心型)を位置づけたものについて、翌月の末日までに市町村に届出てください。


[提出方法]
介護長寿課窓口にて認定給付係へ提出ください。

[提出後の流れ]
提出書類について生活援助ケアプラン検討会議を実施します。

[その他]
・届出内容について、担当介護支援員に問い合わせすることがあります。
・担当介護支援員に生活援助ケアプラン検討会議への出席を求めることがあります。
・給付実績により未届であることを確認した場合は、届出を求めることがあります。
宜野湾市生活援助ケアプラン検討会議実施要項
平成30年度介護報酬改定に関するQ&A(Vol.7)