平成29年10月の貸与分(11月の介護給付費請求分)から、介護給付費明細書にTAISコード又は「5桁-6桁(半角・英数字)」のコード(以下「福祉用具届出コード」という。)のいずれかを記載いただくことが必要になります。
現行の介護給付費の請求に当たっては、介護給付費明細書にTAISコード、JANコード又はローマ字で商品コード等を記載いただいていますが、今後は、効果的かつ効率よく貸与価格の全国的な状況を把握するため、商品コード等と商品の価格情報が一元的に管理されていないJANコード及びローマ字についても、福祉用具届出コードの記載とすることとします。

なお、平成29年10月の貸与分(11月の介護給付費請求分)から、TAISコード又は福祉用具届出コードの記載がない介護給付費の請求については、各国民健康保険団体連合会の審査において返戻することを予定していますので、遺漏なく御対応いただきますようお願いします。

※TAISコードを有していない商品については、平成29年9月30日までにTAISコード又は福祉用具届出コードのいずれかを取得いただくことが必要となります。
福祉用具貸与事業所等を通じ、福祉用具の製造事業所及び輸入事業所に対し、広く周知いただくよう、よろしくお願いします。






引用:厚生労働省 老健局高齢者支援課
平成29年8月25日付 介護保険最新情報vol.602
「福祉用具貸与価格の全国的な状況の把握について(通知)」 pdf(3,822kb)