地域支援事業について

 

「まだまだガンジュウ 健康自立・88歳」をキャッチフレーズに各種介護予防教室を開催しております。

 

二次予防事業 対象者=要支援・要介護状態になる可能性のある65歳位以上の方

利用する場合=各地域包括支援センターにて相談します。

    ◆運動器の機能向上 ・・・筋力向上トレーニング・水中運動教室の利用

    ◆ 栄 養 改 善   ・・・栄養改善教室、訪問指導の利用

    ◆口腔機能の向上 ・・・口腔機能向上教室、訪問指導の利用

     

一次予防事業 対象者=比較的元気な65歳以上の方

利用する場合=随時、市報や各自治会にてお知らせします。

市役所窓口での申し込みが必要です。

    ◆運動器の機能向上 ・・・筋力向上トレーニング・水中運動教室

    ・・・腰痛ひざ痛予防教室(動作法)

    ・・・高齢者体力測定会

    ◆ 栄 養 改 善   ・・・栄養改善教室

    ◆ 口腔機能の向上 ・・・口腔改善普及教室

    ◆ その他 ・・・高齢者健康相談

    ・・・地域包括支援センター介護予防普及啓発事業

 

●地域支援事業(二次予防事業)の対象者の把握は、    どのように行っているの?

■65歳以上の方(要介護・要支援認定を受けている方などを除く)を対象に、「はつらつ度チェック」(調査票)にて、身体の機能や健康状態などについてアンケートを行います。

・一人暮らしの対象者:民生委員が訪問にて調査票を配布・回収します。

・上記以外の対象者:調査票を自宅へ郵送します。該当項目にチェックをいれていただいた              後、同封の返信用封筒にて市介護長寿課 へ返送してください。

■この「はつらつ度チェック」にて、「要支援・要介護状態になる心配があり、介護予防事業の利用が望ましい」と判断された場合、地域包括支援センター職員が訪問等により面接を行い、本人の同意のもと、利用していただく必要な介護予防教室などを決定します。

 

必要に応じ、介護予防教室に参加するにあたり、主治医の意見書を提出したり、生活機能評価健診を受けていただくことがあります。

     

     

地域包括支援センターとは

地域包括支援センターは、地域で暮らすみなさんの介護、福祉、健康、医療などさまざまな面から総合的に支えるために設けられました。みなさんがいつまでも住みなれた地域で生活していけるよう、地域包括支援センターを積極的にご利用下さい。

   画像:高齢者のイラスト画像:こどものイラスト



費用は

「地域包括支援センター」への相談は、
無料です。

 

お問合せ先


お住まいの地域で担当する地域包括支援センターが異なります。

 

下記の担当地区をご確認して、お問合せ下さい。

 

地域包括支援センター ふてんま

電 話:943-4165

 

所在地:普天間1-9-3

(普天間りうぼう向い)

【担当地区】

野嵩1区・2区・3区、普天間1区・2区・3区    新城、喜友名の方

地域包括支援センター かいほう

電 話:942-8377

 

所在地:真志喜2-22-23

(海邦病院駐車場敷地内)

【担当地区】

伊佐、大山、真志喜、宇地泊、大謝名      大謝名団地、嘉数ハイツの方

 

地域包括支援センター ふれあい

電 話:897-4165

 

所在地:我如古4-3-16 1F

(我如古十字路近く        JAおきなわ我如古支店隣)

【担当地区】

真栄原(佐真下)、嘉数、我如古、上大謝名の方

地域包括支援センター ぎのわん

電 話:896-1339

 

所在地:宜野湾3-3-13

(宜野湾記念病院内2F)

【担当地区】

中原(赤道・上原)、愛知(神山)、宜野湾     長田(志真志)の方

 

介護長寿課

 お問い合わせ

【組織名】 健康推進部 介護長寿課
【連絡先】 098-893-4411 (代表)
・事業管理係   (内線 477)
・保険料係   (内線 167・189・166)
・認定給付係 (内線 168・169・170・193)
・長寿支援係 (内線  183・172・204)

【老人福祉センター】
098-893-6400 (代表) 098-893-6401 (FAX)
【窓口】 介護長寿課:本館1階 庁舎内マップ