ハブについて

ハブ咬症注意

5月から6月9月から11月はハブが活発に活動する時期で咬症事故が多く発生します

ハブ対策の知識を深め、ハブによる被害を防止しましょう!

ハブの見分け方

ハブ・・・ あごが張った頭をしており、黄色地に黒のかすり模様(畳のような色)をしている。頭が△の 形をしている。有毒。
アカマタ・・・ 赤と黒のしま模様。怒るとハブのような△頭になる。無毒。
 

画像

ハブを見かけたら・・・

ハブを「見かけた場合」、又は「すぐ近くにいる場合」は近づかずに、警察又は環境対策課に通報してください。

※「逃げてしまった」、「見失った場合」⇒環境対策課にご連絡ください。現場を確認し、ハブ捕獲器を設置します。詳しくは環境対策課までご連絡してください。

画像←ハブ捕獲器

ハブ咬症を防ぐには・・・

  • ①ハブの隠れやすい場所をなくす。画像
    • ・木材やパイプを野積みにしない。
    • ・庭等の草木は適度に剪定する。
    • ・石垣などの穴をセメントで埋めたり、網を張る。
  • ②ごみなどの廃棄物を放置しない。
    • ・えさとなるネズミを防ぎましょう・
  • ③家の周りを高さ1m以上の塀で囲む。
  • ④農作業や草刈のときは十分準備する。
    • ・必ず長靴を履きましょう。
    • ・くさが伸びすぎて見通しがわるい場合は、最初に草刈機を用いるなどし、鎌などでの手作業はでき るだけ避けましょう。
  • ⑤空き地やお墓などは、雑草が伸びすぎないように定期的に草刈を行いましょう。
    • ・空き地やお墓などを所有(または管理)している方は、こまめに草刈りや清掃をしてください。
 お問い合わせ

【組織名】 市民経済部 環境対策課
【連絡先】 098-893-4411 (代表)
・清掃指導係 (内線 452~455 )
・環境指導係 (内線 451/456/457)
【窓口】 環境対策課:新館2階 庁舎内マップ


更新日:平成23年8月23日