ハブに咬まれた場合の対処

 

まず、ハブに咬まれないためには


 ・草が生い茂ったところは、安易に踏み入れないようにしましょう。

 

 ・農作業や草刈り作業で、草が生い茂り見通しが悪い場合は、はじめに草刈機を使用したりして、鎌などの手
  作業はハブの危険がなくなってから行いましょう。

 

 ・野積みした廃材やパイプ、剪定した木の枝などを片付ける場合は、そこにハブが潜んでいる場合もあるので
  手を付ける前に十分注意しましょう。

 

 ・石垣の穴や隙間などに手を入れないようにしましょう。

 

 

もし、ハブに咬まれてしまったら・・・

 

 ①あわてずに、咬まれたのがハブかどうかを確かめます。


  ・ハブに咬まれたあとは、多くの場合、牙のあとが2ヶ所あります。
  ※1ヵ所や数ヶ所ある場合もあります。 

 
  ・ハブであれば、5分もしないうちに腫れてすごく痛みます。
  ※毒の強さは、ハブの大きさなどでは変わりません。

 

 ②大声で近くの人に助けを求め、病院(下記参照)へ連れて行ってもらいます

  ・走ると毒が回るので、車に乗せてもらうかしましょう。

 

市内のハブ抗毒素(血清)常備医療機関


 宜野湾記念病院

   宜野湾市宜野湾3-3-13

   098-893-2101


 ハートライフ病院

    中頭郡中城村字伊集208番

    098-895-3255

 

 ③傷口から血と一緒に毒を吸い出します。

  ・専用の吸引器がありますが、無い時は口で吸いだしてください。
   口の中に傷があると軽い炎症を起こすことがありますが、心配いりません。
   また、ハブの毒は飲み込んでも、胃で消化分解されるので害はありません。

   

 ④咬まれた箇所から心臓に近い部分を布などで縛ります

  ◎(指が一本通る程度)緩めに!

  ※あまり強く縛りすぎると血流が止まってしまいます。

  ※15分に一度くらいは緩めるようにしましょう。

 

◆ 後日、ハブに咬まれた場所と日時を、環境対策課までお知らせください。

   ⇒ ハブ捕獲器や看板(「ハブに注意!」)設置などの対策を行います。

 お問い合わせ

【組織名】 市民経済部 環境対策課
【連絡先】 098-893-4411 (代表)
・清掃指導係 (内線 452~455 )
・環境指導係 (内線 451/456/457)
【窓口】 環境対策課:新館2階 庁舎内マップ