平成30年度 冬の星空観察について


  星空観察は、環境保全の重要性について関心を深めていただく良い機会となります。また、星空を地域資源として宿泊客の誘致に活用する動きも各地で見られ、地域づくりにも貢献します。
この機会に、是非、星空の観察に取り組んでみませんか。

詳しくはこちらへ  http://www.env.go.jp/press/106271.html(環境省サイトへリンク)

・観察方法


観察方法は、1.肉眼による観察と、2.デジタルカメラによる夜空の明るさ調査があります。
詳細は、以下の添付資料をご参照ください。
 
冬の星空を観察してみましょう(観察方法)(PDF:236KB)
別紙1 天の川観察シート(PDF:84KB)
別紙2 GLOBE AT NIGHT観察シート(PDF:359KB)
別紙3 「デジタルカメラによる夜空の明るさ調査」継続参加者 事前登録方法(PDF:78KB)
別紙4 環境省「星空観察」への取組報告 応募方法(PDF:72KB)
別紙5 環境省「星空観察」取組報告書(ワード:44KB)
別紙6 環境省「星空観察」取組報告書(記入例)(PDF:69KB)
参考資料 「1月の星図」(PDF:199KB)

・観察期間


1.肉眼による観察
2019年1月27日(日)~2月5日(火)
2.デジタルカメラによる夜空の明るさ調査
2019年1月26日(土)~2月8日(金)

データ報告期間は、2019年1月26日(土)~2月15日(金)

・観察時間


1.肉眼による観察
 日没後1時間半以降
2.デジタルカメラによる夜空の明るさ調査
 日没後1時間半~3時間半まで