光化学オキシダントについて

 ○光化学オキシダントとは・・・

 

工場や自動車から排出される窒素酸化物(NOX)や揮発性有機化合物(VOC)などが、太陽の強い紫外線を受けて光化学反応を起こして生じるオゾン等の酸化性物質の総称

 

光化学スモッグ⇒光化学オキシダントが高濃度になり、白くモヤがかかったようになる現象

 

 

○ 光化学オキシダント注意期間

 

期間:春先から秋にかけて(沖縄では梅雨前が要注意)

 

注意すべき日:日差しが強い日・気温が高い日・風が弱い日

○光化学オキシダントの影響

 

①人体への影響

 

・目の痛み、チカチカ感、流涙

 

・のどの痛み、咳

 

※重症になると

 

・頭痛、めまい、手足のしびれ、息苦しさ

※健康な人でも直ちに健康被害や症状が現れるわけではなく、子供や老人、体の弱い人に健康被害がでる場合が多い。またマスクで防ぐ事はできない。

 

②植物への影響

 

・葉に斑点状の障害

 

・農作物等への被害

 

 

○光化学オキシダント対策について

 

【注意報等が発令されたら】

・屋外での激しい運動は避ける。

・病弱な方、乳児、お年寄りの方は外に出ないようにする。

○発令の種類と基準について

 

      

 

オキシダント注意報

0.12ppm~0.40ppm  

被害の発生が危惧されます。オキシダントによるものと思われる被害があった場合は、極力、屋外での活動は控えてください。

オキシダント警報

0.40ppm~

被害発生の可能性が特にありますので、屋外での活動は控えてください。

 

     

 

  

 

○健康被害等がでた場合

 

目やのどに刺激を感じるときは、目を洗ったり、うがいを行ったりしてください。また症状の重い方は医師の診断を受けてください。健康被害があった場合は後日、中部福祉保健所または市役所に連絡してください。

 

問い合わせ:中部福祉保健所  ℡098-938-9787

 

 

○リンク

 

沖縄県環境部環境保全課ホームページ