・ミニローリー所有の皆さまへ  

標識宜野湾市火災予防条例第46条の規定により、少量危険物(指定数量の5分の1以上指定数量未満)の危険物を貯蔵、取扱う場合はあらかじめ常置場所を管轄する消防へ届け出なければなりません。

 ※過去に届出を受理されたミニローリーでも車体替えなどをして車のナンバーが変わった場合は同様に届け出(既存の車両の貯蔵取扱い廃止届、新たな車両の貯蔵取扱い届)が必要になります!
継続して使用していると無届出となり、警告対象になるので注意して下さい!

 

その他、危険物を貯蔵、取扱うための様々な安全上の基準が条例には規定されています。安全上の基準を満たさずに危険物の貯蔵、取扱いをすると大事故などを引き起こし、大きな被害を発生させるおそれがありますので条例の遵守をお願いします。
また、再三の指導にもかかわらず改善が見られない場合には罰則規定もありますので注意して下さい。

 


 宜野湾市火災予防条例(一部抜粋)

第31条の6 指定数量の5分の1以上指定数量未満の危険物を貯蔵し、又は取り扱う移動タンクの技術上の基準は、第31条の4第1項の規定の例によるほか、次のとおりとする。

(1) タンクから危険物を貯蔵し、又は取り扱う他のタンクに液体の危険物を注入するときは、当該他のタンクの注入口にタンクの注入ホースを緊結するか、又は注入ホースの先端部に手動開閉装置を備えた注入ノズル(手動開閉装置を開放の状態で固定する装置を備えたものを除く。)により注入すること。

(2) タンクから液体の危険物を容器に詰め替えないこと。ただし、安全な注油に支障がない範囲の注油速度で前号に定める注入ノズルにより引火点が40度以上の第4類の危険物を容器に詰め替える場合は、この限りでない。

(3) 静電気による災害が発生するおそれのある液体の危険物をタンクに入れ、又はタンクから出すときは、当該タンクを有効に接地すること。

(4) 静電気による災害が発生するおそれのある液体の危険物をタンクにその上部から注入するときは、注入管を用いるとともに、当該注入管の先端をタンクの底部に着けること。 



                             詳しくは→宜野湾市火災予防条例(平成28年9月現在:460KB)


 お問い合わせ

【組織名】 消防本部 予防課
【連絡先】 098-892-1850 (TEL)  098-892-5300 (FAX)
【窓口】〒 901-2203 沖縄県宜野湾市野嵩677番地




消防本部