火災などの災害から市民の生命、身体及び財産を守る目的で、平成29年度特定防衛施設周辺整備調整交付金を活用し、最新の水槽付消防ポンプ自動車を整備しました。この水槽付消防ポンプ自動車は、2,000㍑の水槽と多彩な資機材を装備しているので、速やかな消火活動と救助活動を開始することができます。