償却資産

評価の方法

 

定資産評価基準に基づき、取得価格を基礎として、取得後の経過年数に応ずる価値の減少(減価)を考慮して評価します。


前年中に取得された償却資産

価格(評価額)=取得価額×(1-減価率/2)


前年前に取得された償却資産

価格(評価額)=前年度の価格×(1-減価率)・・・(a)

ただし、(a)により求めた額が、(取得価額×5/100)よりも小さい場合は(取得価額×5/100)により求めた額を価格とします。

固定資産税における償却資産の減価償却の方法は、原則として定率法です。

取得価額・・・原則として国税の取り扱いと同様です。
減 価 率・・・原則として耐用年数表(財務省令)に掲げられている耐用年数に応じて減価率が定められています。

 

 

償却資産申告について (申告書様式ダウンロード)


申告書様式ダウンロードはこちら

申告の手引き

マイナンバー制度導入に伴い、平成28年1月より変更があります!(1,589KB) 

 

  お問い合わせ

【組織名】 総務部 税務課
【連絡先】 098-893-4411 (代表)
・ 家屋係 (内線232) FAX番号 098-892-7022
【窓 口】 税務課:本館2階 庁舎内マップ

更新日:平成29年9月13日