ページタイル:  普天間飛行場 騒音被害映像 (基地渉外課) 更新:平成18年10月31日

 騒音被害のバナー

 

 

     ・普天間飛行場     ・MCAS FUTENMA

       動画映像              Video

       (日本語)          (English)

 

 騒音被害のバナー  騒音被害のバナー

           〜騒音実態〜                    〜Noise pollution

                 8分53秒                           8m53s

 

※ 〜騒音実態〜では普天間飛行場へ飛来する米軍機(CH-53、CH-46、AH-1N、FA-18、KC-130等)からの騒音についての映像です。

 

  タッチ&ゴーのバナー タッチ&ゴーのバナー           

         〜タッチ&ゴー訓練〜           〜Touch-and-Go〜

                9分40秒                                  9m41s

 

※ 〜タッチ&ゴー訓練〜では市内住宅地上空で行われる米軍機(KC-130、P3C、CH-46等)によるタッチ&ゴー訓練についての映像です。

 

 

普天間飛行場周辺航空機騒音測定結果(平成17年度測定)

沖縄県は、飛行場周辺の生活環境の保全を図るため環境基本法第16条第2項の規定に基づき、昭和63年2月に普天間飛行場周辺について航空機騒音に係る環境基準の地域類型指定を行い、騒音の監視測定を実施しています。

◆タッチ・アンド・ゴー(touch-and-go):航空機の離着陸訓練の一つで,機を滑走路に着陸させてある速度まで減速させた後,速やかにフラップを離陸形態にするとともにエンジン推力を増し,再び離陸すること。 【引用:航空実用辞典】

 米軍機による飛行ルート図

 

◆普天間飛行場に常駐する米軍機

 

    ■CH−53E シースタリオン                               ■CH−46E シーナイト

米軍ヘリCH53E写真                       米軍ヘリCH46写真

回転翼直径24.08m 胴体全長22.35m                     回転翼直径15.24m  胴体全長13.59m

  全高5.32m 自重15,071kg                                   全高5.09m 自重4,868kg 

    総重量31,638kg                                                   総重量8,618kg

 

             ■UH−1N                                     ■AH−1W 

 米軍ヘリUH1N写真                     ヘリの写真

 回転翼直径14.69m 胴体全長12.92m                   回転翼直径13.41m 胴体全長13.56m

    全高4.53m 自重2,517kg                                     全高3.68m 自重2,940kg

            総重量5,080kg                                                   総重量4,536kg 

 

■KC−130 ハーキュリーズ                             ■C−12   ビーチクラフト

米軍機KC130写真                     米軍連絡機C12写真

全幅40.41m 全長29.78m 全高11.66m                 全幅17.24m 全長13.34m 翼面積18.15u

 自重34,169kg 有効搭載量20トン                              全高4.42m 自重3,419kg

 

 

■T−39   セソクウェル・セイバーライナー

米軍連絡機T39写真

 全幅13.54m 全長14.73m 全高4.42m

       翼面積31.78u