住民監査請求(その1)

1 住民監査請求とは

住民監査請求とは、市の執行機関又は職員の財務会計行為が、違法又は不当であるとき、住民が市の監査委員に対し、防止、是正、補てん等の措置を求めることを言います。
住民監査請求の制度は、地方公共団体の財政の腐敗防止を図り、住民全体の利益を確保するために、住民が、その監査と予防、是正等の措置を監査委員に請求できるようにしたものです。

2 住民監査請求を行うことができるのは

住民監査請求を行うことができるのは、監査請求を提出する市町村の住民です。個人でも、法人でも提出することができます。
個人の場合は住民票の有無によって、また、法人の場合には商業登記簿謄本等によって、その資格があるかどうかの確認をします。

3 住民監査請求の対象者となるのは

住民監査請求の対象者となるのは、「市の長、委員会、委員又は市の職員」の4者となっています。監査請求は、これらの執行機関又は職員を指定して行うことになります。

4 住民監査請求の対象となるものは

住民監査請求の対象となるものは、次に掲げる宜野湾市の違法又は不当な財務会計上の行為です。また、相当の確実さをもって予測される場合を含みます。

  • 公金の支出
  • 財産(土地、建物、物品など)の取得、管理又は処分
  • 契約(工事請負、購買など)の締結又は履行
  • 債務その他の義務の負担(借り入れなど)
  • 公金の賦課又は徴収を怠る事実(市税の徴収を怠る場合など)
  • 財産の管理を怠る事実(損害賠償請求を怠る場合など)

5 住民監査請求の請求期間は

住民監査請求には請求期間が定められており、「当該行為のあった日又は終わった日から1年を経過したときは、監査請求はできない」となっています。
ただし、その行為が秘密裡に行われていたなど、「正当な理由」があると判断される場合には、請求期間の制限は適用されないこともあります。

6 監査の期間

監査は、請求があった日から60日以内に行われます。監査請求があった日、すなわち、監査請求を受け付けた日の翌日を第1日目とし、60日目に当たる日までが監査期間となります。
ただし、請求書の不備等により、ある程度の期間を要する補正が必要となった場合には、その補正期間は、監査期間から除かれることになります。

7 監査の結果

監査委員が監査を実施した結果は、「請求に理由があるもの」と、「請求に理由がないもの」の2つに分かれます。

「監査請求に理由があると認めたとき」、監査委員は、監査請求の対象者に対し、期間を示して必要な措置を講ずるように勧告するとともに、勧告の内容を請求人にも通知します。

「監査請求に理由がないと認めたとき」、監査委員は、理由を付して、その旨を請求人に通知します。この2つの結果は、いずれも一般にも公表されることになります。公表は、市の掲示場への掲示、あるいは広報等によって行われます。

8 住民監査の請求方法

(1) 請求の様式は下記のとおりです。

(2) 請求の際には、違法又は不当とする事実を証明する書面(以下「事実証明書」という。)を添付することが必要です。

(3) 事実証明書は、公文書開示請求により開示を受けた文書の写し、新聞記事の写しなどです。

(4) 請求書は、直接書面を持参するか、または郵送して下さい。

提出先 宜野湾市監査委員事務局 宜野湾市役所本館2階
             〒901-2710 宜野湾市野嵩1-1-1電話098-893-4411

 

様式第1号(第2条第1項)

宜野湾市職員措置請求書


宜野湾市長(何委員会若しくは委員又は職員)に関する措置請求の要旨


1 請求の要旨


※次の事項について、記載して下さい。

  • だれが(請求の対象とする職員)
  • いつ、どのような財務会計上の行為を行っているか
  • その行為は、どのような理由で、違法又は不当であるか
  • その行為により、どのような損害が市に生じているか
  • どのような措置を請求するか

2 請求者


住 所

氏 名            印


地方自治法第242条第1項の規定により、別紙事実証明書を添え必要な措置を請求します。


 平成  年  月  日


宜野湾市監査委員あて


備考 氏名は自署(盲人が公職選挙法施行令別表第一に定める点字で自己の氏名を記載することを含む。)すること。

 

<住民監査請求(その2)へ>

<戻る>

 

 お問い合わせ

【組織名】 監査委員事務局
【連絡先】 098-893-4411 (内線211/212)
【窓口】 監査委員事務局:本館2階 庁舎内マップ