全国瞬時警報システム(J-ALERT)の運用について


宜野湾市では、平成23年4月1日から、全国瞬時警報システム(J-ALERT)の運用を開始します。

全国瞬時警報システム(J-ALERT)とは


地域衛星通信ネットワークを利用して、内閣官房からの有事関連情報(弾道ミサイル発射情報)や気象庁からの津波警報、緊急地震速報など、対処に時間的余裕のない事態に関する緊急情報を、総務省消防庁を通じて全国の自治体等へ瞬時に送信し、市町村の防災行政無線を自動的に起動し、住民にサイレンと音声による放送を行い、早期の避難や被害の最小化に役立てようというシステムです。

お知らせする緊急情報


宜野湾市では、次の緊急情報を放送します。

【自然災害に関する情報】

 ・緊急地震速報(推定震度4以上)
 ・地震速報(推定震度4以上)
 ・津波注意報、津波警報、大津波警報
 ・土砂災害警戒情報

【武力攻撃事態等に関する国民保護情報】

 ・弾道ミサイル情報
 ・航空攻撃情報
 ・ゲリラ・特殊部隊攻撃情報
 ・大規模テロ情報

※これらの緊急情報は、自動的に放送するシステムのため、真夜中でも放送されます。
※自動的に情報を配信するため、誤報の可能性もあります。その場合は、誤報であることを放送します。

 お問い合わせ

【組織名】 総務部 市民防災室
【連絡先】 098-893-4411 (代表)
・市民防災係(内線319/343)
【直通】098-892-3151
【窓口】 市民防災室:本館3階 庁舎内マップ


更新日:平成26年9月24