弾道ミサイルが落下する可能性がある場合に取るべき行動について


北朝鮮により弾道ミサイルが発射された場合で、日本に飛来する可能性がある時は、関係する地域の住民に対して全国瞬時警報システム(Jアラート)を使用して情報伝達することとしておりますが、この度、昨今の情勢を踏まえ、問い合わせが多く寄せられている、弾道ミサイルが落下する可能性がある場合に、国民が取るべき行動について、お知らせします。



関連資料

弾道ミサイル落下時の行動につい(PDF:294.4KB)

Actions in case of missiles flying to Japan(English)

弾道ミサイルが発射された場合の情報伝達と取るべき行動について(PDF:61.7KB)

弾道ミサイルが発射された場合の情報伝達と取るべき行動に関するQ&A(PDF:100.2KB)



詳細:国民保護制度に関する詳細は国民保護ポータルサイトをご覧ください

国民保護ポータルサイト(外部リンク)


 お問い合わせ

【組織名】 総務部 市民防災室
【連絡先】 098-893-4411 (代表)
・市民防災係(内線319/343)
【直通】098-892-3151
【窓口】 市民防災室:本館3階 庁舎内マップ

 
更新:平成29年12月15日