市長メッセージ【独自施策および税制などの支援策について】(5月14日付)



メッセージ全文


宜野湾市民の皆様、こんにちは。宜野湾市長の松川でございます。
市民の皆様におかれましては、新型コロナウイルス対策感染防止のため、我慢を、そして自粛のお願いをしてまいりました。お陰様をもちまして、沖縄県ではこの2週間、感染者ゼロという状況になっております。
宜野湾市民の皆様、そして沖縄県民の皆様に心より敬意を表しますとともに、感謝を申し上げます。ありがとうございます。
今日は、宜野湾市の新型コロナウイルス支援策を発表させていただきます。独自の施策でございます。

水道料金の免除これは、全市民、そして事業者の皆様に支援がどうすればできるか、考えた末、水道料金の基本料金の免除に取り組むことといたしました。基本料金を4カ月分免除いたします。予算的には、約2億円の予算となります。
さらに、上下水道の料金の支払猶予。これは、コロナウイルスのため支払いが非常に厳しい皆様に対しまして、支払猶予をさせていただきます。ぜひ、窓口でご相談をしていただきたいと思います。

次に、これまで発信をしてございます、飲食業、社交業の皆様への応援助成金でございます。
1店舗あたり10万円の支援金、5月18日、来週月曜日から手続きを開始いたします。
ぜひ、申請漏れのないよう、よろしくお願いをいたします。

その他の施策といたしまして、国の特別定額給付金、一人10万円の給付金でございますが、申請書を5月23日、郵送を開始いたします。4、5日後には、市民の皆様のお手元に届く予定となります。申請から2週間程度で振り込みとなります。市民の皆様の各口座へ、6月4日より順次、振り込んでまいります。
マイナンバーカードをお持ちで、オンライン申請をなされた市民の皆様には、5月29日から振り込みを開始いたします。

市税等の納付猶予、政府の方で取り組んでおりますが、特例制度、宜野湾市の方でも市民の皆様へ納付の特例制度を活用し、相談にさせていただきます。

市営住宅入居者の皆様におかれましては、家賃の納付猶予、そのことも文書で通知をいたします。入居者の皆様には、ぜひ、支払いが厳しいということであれば、その相談窓口へお越しいただきたいと思います。

沖縄県の実施方針である、休業要請の部分的解除、本日から解除されます。
宜野湾市でも昨日の新型コロナウイルス対策会議で同様の措置をとることと決定をいたしました。これからは、日常を取り戻す、そして、市民の皆様の元気を取り戻す、そのことを取り組んでまいりたいと思います。
宜野湾市民をあげて、みんなで頑張ってまいりましょう
がんばろう ぎのわん

令和2年5月14日
宜野湾市長 松川 正則