宜野湾市次世代育成支援行動計画(後期)素案に対するパブリックコメント

 平成22年2月1日から2月10にかけて「宜野湾市次世代育成支援行動計画(後期)」素案に対する意見を募集したところ、7名の方から7件のご意見を頂きました。
つきましては、頂いたご意見の内容とこれに対する市の考え方を公表いたします。
今回寄せられましたご意見は、計画策定の参考とさせて頂きました。また、今後の施策の参考とさせて頂きます。皆様のご協力ありがとうございました。

 

1 パブリックコメントの実施状況
(1)意見の募集期間    :   平成22年2月1日(月)~2月10日(水)
(2)意見の応募者数・件数 :   7名(7件)
(3)提出方法の内訳    :   持参(7件)

 

2 意見の概要について

意見の概要

No

意見の内容

市の考え方

① 幼稚園の2年保育を早く3年保育にして欲しい。預かる時間帯も延長して欲しい。
② 給食も希望。

① 「2年保育・3年保育の推進」「『宜野湾市幼稚園教育振興計画』の推進』」に方向性を示しています。
② 給食に関しては、食育の観点から弁当持参としています。

① 3年幼稚園があると大分助かります。
② 給食があるといい。
③ 各小学校近くに児童センターがあるといい。
④ 公園で遊ばせていると水のみ場や手洗い場の角が危ない。

① 「2年保育・3年保育の推進」「『宜野湾市幼稚園教育振興計画』の推進』」に方向性を示しています。
② 給食に関しては、食育の観点から弁当持参としています。
③ 「児童センターの充実」で示しています。
④ 「子育てにやさしい公園整備」「子育て家庭にやさしい公共設備の整備」で示しています。

① 市立幼稚園の給食が欲しい。
② 休職中に預かってもらう場所が欲しい。保育園の数を増やして欲しい。子育て支援センターにずいぶん助けられている。

① 給食に関しては、食育の観点から弁当持参としています。
② 待機児童の解消に向けた多面的な方策の実施において取り組んでいきます。

① 認可保育園に申請中であるが、待機となっており、入所の幅が広がればいい。
② 仕事をする上で子どもが病気になって、預けるところがさらに充実して欲しい。(ファミリーサポートや預り保育など)
③ 認可外保育所など同等な保育が受けられるような対応をして欲しい。

① 待機児童の解消に向けた多面的な方策の実施において取り組んでいきます。
② 「病児・病後児保育事業の充実」「ファミリー・サポート・センター事業の充実」で示しています。
③ 「認可外保育施設への支援の充実」で示しています。

① 「子育て応援本ぽけっと」は情報が充実しているが、インターネットによるリアルタイム名情報提供をお願いしたい。
② 各保育園のホームページを作って欲しい。

① 「子育て情報誌(応援本ぽけっと)による情報提供の推進で示したとおりです。
② 「市ホームページ『子育て支援コーナー』の充実」で示しています。

① 自動償還払いにより手続きが簡単になったが、医療機関での支払いが無くなると大変助かる。

① 「児童の医療費助成の充実」に示したとおりです。

① 保育園の待機児童が多い。仕事をするために保育園に預けるのに矛盾を感じる。
② 育児の個別相談は予約になるので、話を聞いて欲しいときにできないので残念。

① 待機児童の解消に向けた多面的な方策の実施において取り組んでいきます。
② 「ふたば健康相談の推進」において示しているとおりです。健康に関すること・子育てのこと等、電話での相談も受付ています。臨床心理士の個別相談については、事前予約が必要となります。

 お問い合わせ

【組織名】 福祉推進部 保育課
【連絡先】 098-893-4411 (代表)
・保育児童係 (内線 176・178)
・こども育成係 (内線 461)

・ファミリー・サポート・センター(内線458)
【窓口】 保育課:本館1階 庁舎内マップ